隠岐の島警察署

庁舎写真

署長あいさつ~着任半年が経過して~

 隠岐の島警察署に着任して半年が経ちました。
新型コロナウイルス感染が終息し、にぎやかな隠岐の夏を思い描いていましたが、ウイルスは消えるどころか、全国的に第2波が来るなど、隠岐の島へ帰省される人や観光客は例年よりはるかに少ない夏でした。
そんな中、8月7日には、「50年に一度の記録的な大雨」により、隠岐の島町西郷では観測史上最高の24時間降雨量281.5ミリを記録するなどし、床上・床下浸水、土砂崩れ、道路損壊等の被害が短時間の間に発生しました。
また、8月11日には、高齢男性が運転する車両が川に転落し、同乗の高齢女性が亡くなるという隠岐の島では4年ぶりとなる交通死亡事故が発生しました。

 本年7月に発生した熊本県での豪雨災害では、気象庁の予測をはるかに上回る大雨が降り、60人以上の方が犠牲となりました。近年、毎年のようにこのような大規模な災害が全国的に発生しており、もはや、このような自然災害は、いつ、どこで発生してもおかしくない状況です。

 平成23年3月の東日本大震災の際の「釜石の奇跡」を聞いたことがあるでしょうか。岩手県釜石市内の小中学生約3,000人が無事に避難(実に生存率は99.8%!)しました。釜石市では、毎年、市内の小中学校で避難訓練を繰り返し行っていました。
平素の訓練や備えがいかに重要かということがよく分かります。

 「備えあれば憂いなし。」平素から、家庭で、地域で災害時に、どのように行動するのか。「自助」、「共助」の観点から考えておくことが重要ではないかと思います。

油井漁港の夕日
また、これから年末に向け、日が短くなり、交通事故が多発する時期となります。高齢者の方が関与する交通事故が増えています。運転をする際は、夜間や天候の悪いとき、或いは体調が良くないときなどは運転を控える、また道路を歩く際は、横断歩道を利用する、夜間は反射材を着用するなど、危険を回避する運転や外出を心掛けるようお願いします。
隠岐の島警察署長
増野利夫

 

 

 

 

 

管内マップ

管内図

隠岐の島は、本土(島根半島)の北方約40〜80Kmの日本海に浮かぶ大小180余りの島からなる群島であり、大きく島前(どうぜん)、島後(どうご)に分かれています。太古からの自然が織りなす風光明媚な風景に、貴人が配流されるという独特な歴史と文化に育まれた人情味豊かな島であります。

このうち、島後を守る隠岐の島警察署管内は、平成16年10月1日、1町3村が1つの「隠岐の島町」に合併し、約15,000人の島民が漁業、農業、林業を中心とする暮らしを営み、隠岐全体が大山隠岐国立公園の圏域として、年間10万人以上の観光客が訪れています。

新着一覧

 

各コーナー

島根県警察速度管理指針

安全安心情報・道路情報


隠岐の島警察署

TEL08512−2−0110

〒685−0014

島根県隠岐郡隠岐の島町西町吉田の二20-15


  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー