犯罪被害者を守るために

犯罪の被害にあわれた方々のために

犯罪被害者やそのご家族は、犯罪被害を受けることによって、被害直後から経済的被害や精神的被害など様々な困難に直面します。

警察は事件・事故の発生直後から犯罪被害者やそのご家族と密接に関わる機関として、様々な被害者支援を行っています。被害者支援灯ろう

 

 

警察による被害者支援

 島根県警察では、警察本部警務部広報県民課に「犯罪被害者支援室」を設置しています。また、各警察署においても、「被害者支援係」、「被害者支援要員」を配置していますので、いつでもお気軽にご相談ください。

 ・島根県警察による支援

 ・刑事手続き等の流れ

 ・経済的、精神的支援制度

 ・捜査へのご協力のお願い

 ・その他の支援

 

犯罪被害給付制度

 故意の犯罪行為により、亡くなられた方のご遺族や、障がいが残った方、重傷病を負った方に対して、一定の要件に該当する場合、国が一時金として給付金を支給します。

 詳しい内容はこちらをご覧ください。

 パンフレット(PDF)※平成30年4月1日以降に被害に遭われた方

 パンフレット(PDF)※平成30年3月31日以前に被害に遭われた方
 

国外犯罪被害弔慰金等支給制度

 日本国外において行われた故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた日本国民の遺族に対して国外犯罪弔慰金を、障がいが残った日本国民に対して国外犯罪被害障害見舞金を国が支給します。

 島根県においては、島根県警察本部広報県民課犯罪被害者支援室が申込窓口です。

 詳しい内容はこちらをご覧ください。

 チラシ(PDF)

 パンフレット(PDF)

各種相談窓口

 各種要望や相談に応じる窓口として、相談窓口を設けています。(相談窓口一覧)

関係機関団体との連携した支援

 被害者の方や家族の方等の悩みや相談に、警察だけで対応することは困難なこともあります。

 総合的な被害者支援を行うため、司法、行政、医療、報道機関、民間企業等で連携した支援活動を推進しています。

・被害者支援ネットワーク

・民間支援団体との連携

社会全体で被害者も加害者も出さないまちづくり

 被害者やそのご家族が受けた被害の軽減、回復には、周囲の方の理解や共感、配慮、協力がとても大切です。

 地域社会において、被害者が受けた痛み、命の大切さ、支援の必要性等に理解が深まれば、被害者への配慮や被害者支援への協力が促進されるとともに、「犯罪を許さない」という気運が社会全体に醸成され、安全で安心して暮らせる地域社会となることが期待されます。

 島根県警察においては、関係機関団体等と連携して、被害者支援の重要性や、犯罪被害の実態等に関する広報啓発活動を行っています。

・命の大切さを学ぶ教室

・命の大切さを学ぶ教室作文コンクール

・広報啓発活動

講演会のお知らせ

 11月7日(水)14時45分から、島根県職員会館において、犯罪被害者当事者ネットワーク「緒あしす」代表の青木聰子氏を講師に迎え「被害者に優しく・誰もが安全安心に暮らせる街つくりのために」と題した講演会を開催いたします。

 同氏は平成8年に覚せい剤を使用した男に、窃盗目的で侵入され、写真店経営の両親を包丁で刺殺された殺人事件の被害者遺族です。犯罪被害者やそのご家族の置かれている状況を理解し、犯罪等の被害に遭わないために何が出来るか考えてみませんか。

 入場無料ですので、是非ご来場ください。

 

詳しくはこちら

ぜひお越しください

被害者支援を考える講演会

日時:平成30年11月16日(金)

 14:00~15:00

会場:島根県立図書館1階集会室

 ※定員約40名

 

講師江角弘道氏のプロフィール

 生命のメッセージ展in出雲実行委員長

 島根県立大学短期大学部名誉教授

平成11年12月26日、当時鳥取大学3年生だった二女を交通犯罪で亡くす。

現在、「生命のメッセージ展」の会員となって活動しているほか、命の大切さを学ぶ教室などの講演活動に取り組んでいる。

詳しくはこちら

チラシ

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー