• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねの自然観察会

 

 

令和4年度ユウスゲ観察会について

昨年度、県主催に実施したユウスゲ観察会について、今年度は、大田市環境政策課の主催で行われることとなりました。

 

観察会では、大田の自然を守る会会長の伊藤宏さんや三瓶自然館サヒメル学芸課の井上雅仁さんの解説もございます。

この時期にしか見られないユウスゲの開花の様子を是非ご覧ください。

 

日時:7月9日(土曜日)16時から18時

場所:三瓶山西の原(大田市三瓶町池田)

申込先:大田市役所環境生活部環境政策課

 

詳しくは、チラシをご覧ください。

(開催チラシ)

チラシ

 

 

 

ユウスゲ植栽ボランティア募集(終了しました)

この度、大田の自然を守る会によるユウスゲの植栽作業に協力いただけるボランティアを募集します。

 

島根県では、生物多様性の普及・啓発を目的として令和3年7月10日(土)にユウスゲ観察会を実施しました。

その観察会中、講師の大田の自然を守る会会長の伊藤宏様より「地元小学校の児童と共に守り育ててきた三瓶西の原のユウスゲ植生地(現在6,500本)を今後3,500本を植えて面積・本数で日本一のユウスゲの植生地を目指している!」と発言され、皆様にもご協力を頂きたいと熱く話をしておられました。

是非、日本一の植生地を目指してボランティアにご協力をお願いします。

 

開催日時:令和3年10月24日(日)9:30~11:30

集合場所:三瓶山西の原

問い合わせ先:大田の自然を守る会0854-82-1879

 

詳細チラシ

 

 

R3ユウスゲ観察会を実施しました!

 令和3年7月10日(土)に『ユウスゲ観察会』を実施しました。

 当日は、幅広い年代の55名の方が参加され、講師の大田の自然を守る会の伊藤会長による動植物の保護活動や地元小学生との取組の説明やサヒメルの井上課長によるユウスゲや西の原の植物の解説などに聞き入っておられました。

 また、三瓶山を背景にユウスゲの群落をかき分けるように歩いて観察する参加者の方々は、「本当キレイだね~」とか「夕方に咲くのって不思議!」等と声を漏らしておられ、とても満足そうな表情をしておられました。

 

 

集合写真

 

説明風景

 

ユウスゲ群落を歩く姿

 

(感想の一部)

・絶滅しそうなユウスゲを地元の皆さんで大切に守っておられて素晴らしい取組だと思いました。自然を大切にしたいと思います

・ユウスゲがとてもキレイで感動しました。

・たくさんの黄色い花たちが風にそよいでいる風景はとても印象的でした。

・蒸し暑い大田市内から参加しましたが、ユウスゲの説明を聞いている間は涼しい風が吹き、とても気持ちよく感じました。

 風に揺れる黄色い花は優しげで素晴らしかったです。三瓶の良さを改めて感じました。

 

ユウスゲ1

 

ユウスゲ2

 

なお、当日は、悪天候が心配されましたが雨が降るか降らないかの曇り空での開催となりました。

そのこともあってか普段よりは早めに暗くなり、観察会が始まる16時にはユウスゲは満開状態でした。

 


 


お問い合わせ先