交通安全活動

統計

交通情報について、こちらをクリックしてご覧ください。

日本道路交通情報センター(外部サイト)

交通情報

事件・事故の数字は語る

交通安全活動

自転車のマナーモデル校、鍵かけ推進モデル校の指定について

 自転車の交通事故防止及び鍵かけ推進の一環として、令和6年度の自転車マナーアップモデル校及び鍵かけ推進モデルに出雲市立平田中学校を指定しました。

 宮下生徒会長からは力強い決意表明をいただき、1年間同校と連携した活動を行うこととしています。

 皆さんも、自転車を利用する時は交通ルールとマナーを守り、ヘルメットを着用するとともに確実な鍵かけを行うようにしましょう。

自転車の交通事故防止等及び鍵かけ推進について 自転車の交通防止等及び鍵かけの推進について2

LPCグループからの署名簿の提出について

4月15日(月)、出雲警察署において、LPCグループを代表し株式会社丸三代表取締役社長羽手原勉氏が交通安全宣言文を読み上げた後、交通ルールとマナーの遵守を誓ったグループ社員383人分の署名簿の提出を受けました。

 LPCグループからの署名簿提出は今回が20回目であり、安全運動、安全行動の徹底を力強く宣誓されました。

 交通ルールとマナーを守った安全運転、思いやり運転を心掛けましょう。

LPCグループからの署名簿の提出について LPCグループからの署名簿の提出について2

はつらつモデル地区の指定について

地域ぐるみで高齢者の交通事故防止対策を推進する「はつらつモデル地区」に出雲市塩冶地区を指定しました。

 4月12日(金)には指定式を開催し、「高めよう、交通安全意識。実践しよう、交通安全行動」を取組テーマとして、今後の活動をお願いしました。

 令和5年中に出雲警察署管内で発生した交通事故のうち、高齢者が関係する交通事故の割合は約44%と高いものとなっています。

 高齢者の方は、夜間・荒天時等の見通しの悪い時や交通量の多い時間帯での外出を控えるなど、危険を回避する行動を心がけましょう。

はつらつモデル地区の指定について はつらつモデル地区の指定について2

フクダグループからの署名簿の提出について

4月11日(木)、出雲警察署において、株式会社フクダ高橋常務取締役が交通事故・違反の撲滅と特殊詐欺等の被害防止活動を強力に推進することを誓った安全運転及び安全行動宣言文を読み上げた後、フクダグループ運転者会福田会長から、全社員及びその家族632人分の安全運転及び安全行動誓約書署名簿の提出を受けました。

 フクダグループからの署名簿提出は今回が11回目であり、安全運動、安全行動の徹底を力強く宣誓されました。

 交通ルールとマナーを守った安全運転、思いやり運転を心掛けましょう。

フクダグループから署名簿が提出されている様子 フクダグループからの署名簿の提出について2

自転車安全リーダーの委嘱について

雲市内の各地域で活動される出雲市交通指導員の皆様に、「自転車安全リーダー」を委嘱し、自転車に対する交通ルール遵守とマナーの徹底についての指導啓発をお願いしました。

 出雲警察署管内の自転車が関係する人身事故では、交差点での出会い頭事故が多くを占めています。

 自転車も車の仲間の「車両」です。一時停止場所では必ず停止し、交差点では左右の安全確認を徹底しましょう。

 また、自転車に乗る時はヘルメットを着用しましょう。

自転車安全リーダーの委嘱について

トガノ建設からの飲酒運転根絶署名簿の提出について

安全運転管理者設置事業所であるトガノ建設から、社員の飲酒運転根絶意識の高揚を図るため、飲酒運転の根絶を誓った署名簿を提出を受けました。

 飲酒運転は悪質・危険な犯罪です。
「飲んだら乗らない・乗るなら飲まない・乗るなら飲ませない」

の飲酒運転追放三ない運動を徹底し、出雲市から飲酒運転をなくしましょう。

飲酒運転根絶署名簿の提出について 飲酒運転根絶署名簿の提出について2

1日おまわりさんによる広報検問の実施について

春の全国交通安全運動に伴い、あすなろ保育園、あすなろ第2保育園の園児を一日おまわりさんに任命し、ドライバーに手作りのマスコットを手渡して安全運転を呼びかける啓発活動を行いました。
「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持ち、悲惨な交通事故が起きないよう安全運転、安全行動をお願いします。

 一日おまわりさんに任命している様子 1日お巡りさんによる広報検問2

みんなでつくろう!交通神話~第7回反射材着用~について掲載しました

出雲神話の国から発信する「みんなでつくろう!交通神話」

 第7回目は、「反射材の着用」についてです。

 今回は、反射材着用推進リーダー「キラリ推進隊」として活動していただいている女子サッカーチーム「ディオッサ出雲FC」の皆さんと動画を撮影しました。

 島根県内では、夜間歩行中に交通事故で亡くなられた方のほとんどが反射材を着用していませんでした。

 反射材は、夕暮れ時や夜間の交通事故を防止するために有効なものです。

 反射材の効果や効果的な着用方法を学び、交通事故にあわないよう、反射材を着用して自分の身を守る安全行動を心がけましょう!

 ディオッサ出雲FCのホームページはこちらから(外部サイト)

ディオッサ出雲FCのYouTubeチャンネルはこちらから(外部サイト)

動画はこちらをクリック♪(外部サイト)

交通神話動画

中筋グループからの交通安全契約書の提出について掲載しました

1月19日、出雲警察署において、中筋グループ6社を代表して、中筋グループ運転者協会の原会長から、グループ社員200人分の交通事故追放と飲酒運転根絶を誓った「交通安全誓約書」の提出を受けました。

 中筋グループからの誓約書の提出は今回で40回目となり、交通ルールとマナーの遵守や飲酒運転追放3ない運動の徹底を力強く宣誓されました。

 安全確認を徹底し、特に交差点での交通事故を防止するとともに、「飲んだら乗らない」「乗るなら飲まない」「乗るなら飲ませない」の飲酒運転3ない運動を徹底し、出雲市から飲酒運転をなくしましょう。

交通安全誓約書の提出 交通安全誓約書について2

陸上自衛隊出雲駐屯地に対するキラリ推進隊の再委嘱について掲載しました

夕暮れ時から夜間の交通事故防止対策の取組の一環として、反射材の着用を推進するため、陸上自衛隊出雲駐屯地の皆様を反射材着用推進リーダー「キラリ推進隊」に再委嘱しました。

 陸上自衛隊出雲駐屯地の皆様には、これまでもキラリ推進隊に委嘱していましたが、引き続き委嘱させていただき、反射材の積極的な着用など継続した活動をお願いしました。

 反射材は、夕暮れ時から夜間の歩行者、自転車利用者が被害に遭う交通事故を防止するうえで、非常に効果的なものです。

 夕暮れ時・夜間に出歩く際には、反射材を必ず着用し、ライトを携行するなど自分の身を守る安全行動をお願いします。

キラリ推進隊の再委嘱について キラリ推進隊の再委嘱について2

飲酒運転根絶キャンペーンを実施しましたについて掲載しました

 12月11日、出雲市役所前において出雲地区安全運転管理者協会の役員及び事業所職員の皆さんと共に、付近を通行する車両の運転手や歩行者に対して飲酒運転根絶を呼びかける飲酒運転根絶キャンペーンを実施しました。

 

 「酒は、ひと眠りすれば体から抜ける」と勘違いしていませんか。

 二日酔い運転も飲酒運転です。

 一人一人が飲酒運転は犯罪行為であることを認識し、「飲んだら乗らない」「乗るなら飲まない」「乗るなら飲ませない」の飲酒運転3ない運動を徹底し、出雲市から飲酒運転をなくしましょう。

飲酒運転根絶キャンペーン

出雲市交通安全協会6支部からの飲酒運転根絶署名簿の提出について掲載しました

11月29日、出雲警察署において、出雲市交通安全協会6支部(四絡、川跡、高浜、鳶巣、遙堪、荒木)の各支部長から、合計11,960人分の飲酒運転根絶署名簿の提出を受けました。

 出雲市交通安全協会6支部の支部長がそれぞれ飲酒運転の根絶を力強く宣誓されました。

 出雲市内の飲酒運転は依然として根絶に至っていません。

 一人一人が飲酒運転は犯罪行為であることを認識し、「飲んだら乗らない」「乗るなら飲まない」「乗るなら飲ませない」の飲酒運転3ない運動を徹底し、出雲市から飲酒運転をなくしましょう。

出雲市交通安全協会6支部からの飲酒運転署名簿の提出について 出雲市交通安全協会6支部からの飲酒運転根絶署名簿の提出について2

出雲村田製鉄所からの飲酒運転根絶署名簿の提出について掲載しました

12月1日(金)、出雲警察署において、出雲村田製作所代表取締役社長谷口育男氏から、出雲村田製作所及び協力会社の社員7,696人分の飲酒運転根絶署名簿の提出を受けました。

 出雲村田製作所からの飲酒運転根絶署名簿の提出は今回が3回目であり、飲酒運転の根絶を力強く宣誓されました。

 出雲市内の飲酒運転は依然として根絶に至っていません。

 年末になり飲酒の機会が増えますので、一人一人が飲酒運転は犯罪行為であることを認識し、「飲んだら乗らない」「乗るなら飲まない」「乗るなら飲ませない」の飲酒運転3ない運動を徹底し、出雲市から飲酒運転をなくしましょう。

出雲村田製作所からの飲酒運転根絶署名簿の提出について 出雲市村田製作所からの飲酒運転根絶署名簿の提出について2

サッカー試合会場における反射材着用等の哲発活動の実施について掲載しました

 夕暮れ時、夜間の交通事故防止対策の取組の一環として、「キラリ推進隊」に委嘱したディオッサ出雲FCが出場する試合会場において、反射材や啓発チラシ等を配付しながら反射材着用、特殊詐欺被害防止を呼びかける啓発活動を実施しました。

 夕暮れ時や夜間に外出をされる際は、必ず反射材を着用し、できるだけ明るい色の服を着るようにして下さい。

 また、車の運転手の方は、前方を走る車や対向車がいない場合は、ハイビームの活用を心掛け、交通事故を起こさないように気をつけて下さい。

反射材着用等の哲発活動

 

反射材着用等の哲発活動2 反射材着用等の哲発活動3

乙立地区住民に対する交通安全講習の実施について掲載しました

 乙立交通安全協議会等が主催する乙立交通安全大会において、参加された高齢者及び子供等に対し、交通安全講習を実施しました。

 講習会では、交通事故防止についての講話の後、判断能力、夜間の視認性、シートベルト着用効果の体験や自転車シミュレーターといった各年齢に応じた交通安全教育機器の活用による参加・体験型講習を実施し、交通事故防止に対する意識の高揚を図りました。

交通安全講習の実施 交通安全講習の実施2

秋の大社町交通安全ご縁村の実施について掲載しました

秋の全国交通安全運動の取組の一環として、大社町地内の関係機関・団体及びこぐま保育園の園児と連携し、通行車両の運転手に対し、啓発グッズ等を配布しながら安全運転を呼びかける秋の大社町交通安全ご縁村を行い、交通安全意識の高揚を図りました。

 ゆとりある運転を心掛け事故に遭わない・事故を起こさないように気をつけて下さい。

秋の大社町交通安全ご縁村実施 秋の大社町交通安全ご縁村の実施2

 

自転車ヘルメット着用哲発活動について掲載しました

秋の全国交通安全運動の取組の一環として、ヘルメット着用啓発の日に出雲市駅付近の交差点において、ハンドプレートやのぼり旗を活用し、自転車用ヘルメット着用及自転車マナーアップについて啓発活動を行いました。

 また、通行する自転車利用者に対し、自転車ヘルメット着用等の啓発カードを配布し、自転車ヘルメット啓発及び交通ルールの遵守について呼びかけました。

 自転車に乗る際は、ヘルメットを着用し、自転車安全利用五則を守りましょう!!

自転車ヘルメット着用哲発活動 自転車ヘルメット着用哲発活動2

高松地区はつらつカレッジの開校について掲載しました

秋の全国交通安全運動の取組の一環として、本年度、はつらつモデル地区に指定している高松地区に居住する高齢運転者を対象に、はつらつカレッジを開催し、交通事故防止についての講話、安全運転サポートカーの乗車体験、コース内の運転による運転診断、多段階一時停止の説明を行い、安全運転意識の高揚を図りました。

 安全運転に心掛け、事故に遭わない・事故を起こさないように心掛けましょう。

高松区はつらつカレッジ開校 高松区はつらつカレッジ化愛好2

1日おまわりさんによる街頭哲発活動の実施について掲載しました

秋の全国交通安全運動の取組の一環として、「たちばな保育園」の園児を一日おまわりさんに任命し、保育園前を通行する車両の運転手に対し、交通安全の願いを書いた園児手作りの短冊やチラシ等を配布し、交通安全を呼びかける広報検問を実施しました。

 ゆとりある運転を心掛け、事故に遭わない・事故を起こさないように心掛けましょう。

1日おまわりさんによる街頭哲発活動2 1日おまわりさんによる街頭哲発活動

大津地区住民による飲酒運転根絶署名簿の提出について掲載しました

 秋の全国交通安全運動の取組として、出雲市交通安全協会大津支部の米原栄支部長らから、大津地区住民が「自転車を含む飲酒運転根絶(追放)」を宣誓する署名簿の提出を受けました。

 大津地区による署名簿提出は、今回で11回目であり、出雲市内の飲酒運転根絶意識の醸成を図りました。

 「飲んだら乗らない・乗るなら飲まない・乗るなら飲ませない」の飲酒運転3ない運動を守り、飲酒運転根絶に努めて下さい。

大津地区住民による飲酒運転根絶署名簿の提出について 大津地区住民による飲酒運転根絶署名簿の提出について2

はつらつモデル地区講習会の開催について掲載しました

 高齢者の交通事故防止対策の取組の一環として、本年度、はつらつモデル地区に指定している高松地区に居住する高齢者を対象に「高齢者の元気は交通安全から」と題し、交通安全講習会を開催しました。

 講習会では、参加者に対し、交通安全アドバイザーによる認知機能検査の体験や交通安全教育機器の活用による参加・体験型講習を実施し、交通事故防止に対する意識の高揚を図りました。

はつらつモデル地区講習会 はつらつモデル地区講習2

秋の全国交通安全運動一斉行動出発式について掲載しました

秋の全国交通安全運動の実施に伴い、出雲市民の交通安全意識の高揚を図るため、出雲市役所において一斉行動出発式を実施しました。

 出発式終了後は、参加者が出雲市役所前で啓発活動を行い、出雲市長、署長はパトカーで出雲市内を巡回しました。

 交通ルールを守り、事故に遭わない・事故を起こさないように心掛けましょう。

秋の全国交通安全運動 秋の全国交通安全運動2

みんなでつくろう!交通神話~第6回交差点での交通事故防止~について掲載しました

 出雲神話の国から発信する「みんなでつくろう!交通神話」

 第6回目は、「交差点での交通事故防止」についてです。

 

 出雲市内では、交差点での出会い頭事故が多く発生しています。

 交差点での交通事故を防止するため、ドライバーの方は「多段階一時停止」をお願いします。

 また、自転車の方も確実な一時停止と左側通行の徹底をお願いします。

 皆さんも「多段階一時停止」や交通ルールをしっかりと守り、交通事故を起こさない、交通事故に遭わないよう心掛けてください。

 動画はこちらをクリック♪(外部サイト)

交通神話動画第7回

夏の交通事故防止運動に伴う広報哲発活動を実施しました

 夏の交通事故防止運動に伴い、イオンモール出雲において広報啓発活動を実施しました。

 警察音楽隊による演奏、自転車ヘルメット着用の啓発、白バイ展示等を行い、多くの方にお越しいただき交通安全及び警察活動の周知と協力を呼びかけました。

 

 夏の時期は、夏特有の開放感や暑さからの疲れ等による注意散漫が原因となる交通事故が予想されます。

 レジャーなどで長距離運転するときは、余裕を持った運転計画を立て、疲れを感じたら早めの休憩や運転交代をしましょう。

夏の交通安全運動 夏の交通安全運動2

島根県中学出雲ブロック大会における反射材配布等について掲載しました

夕暮れ時・夜間の交通事故防止対策の一環として、島根県中学校出雲ブロックバスケットボール大会で出雲市内のバスケットボール部等の中学生に対し、反射材を配布し、中学生の反射材着用の促進を図りました。

 また、反射材体験コーナーを設け、反射材の重要性及び効果について呼びかけを行いました。

 夕暮れ時や夜間に出かける際は、反射材を着用し、交通事故に遭わないように心掛けましょう。

島根県中学校出雲ブロックにおける反射材配布等 島根県中学校出雲ブロック大会における反射材配布等2

今岡グループによる署名簿の提出について掲載しました

安全運転管理者設置事業所である今岡グループが、グループ社員の安全運転意識の高揚を図るため、「子ども・高齢者を守る優しい運転の励行」「飲酒運転の撲滅」を誓う署名簿を提出されました。

 子ども・高齢者を守る優しい運転を心掛け、交差点や横断歩道での安全確認の徹底をしましょう。

 

 また、飲酒運転をしないように「飲んだら乗らない・乗るなら飲まない・乗るなら飲ませない」の飲酒運転追放三ない運動を徹底しましょう。

今岡グループからの署名簿の提出について 今岡グループによる署名簿の提出について2

中学生・高校生に自転車の交通利用を呼びかけましたについて掲載しました

出雲市立第一中学校、島根県立出雲商業高等学校において大津地区・今市地区交通安全対策協議会員及び各学校教員と連携し、チラシの配布、自転車反射リフレクターの取り付け等により自転車の安全利用を呼びかけました。

 

 令和5年4月1日から自転車乗車用ヘルメットの着用が全年齢を対象に努力義務化されました。

 ヘルメットは万が一の交通事故の際、命を守ってくれる大切なものです。

 自転車に乗車する際はヘルメットを確実に着用しましょう

自転車の安全利用呼びかけ 自転車の安全利用の呼びかけ2