留置されている方への面会・差入れ

面会について

面会可能日・時間

平日(土日・祝祭日を除く)

 ・午前10時00分から

 ・午前10時30分から

 ・午後1時30分から

 ・午後3時00分から

 ・午後3時30分から

上記の時間帯で20分程度

受付時間・方法

面会を希望される日の前日午後3時00分から午後4時30分の間に電話でのみ受付けます。

ただし、土日・祝祭日の翌日の受付は休みの前日に行います。(例:月曜日の面会受付は前の週の金曜日に行います。)

注意事項

1.面会は1日1回、1組(3人以内)面会可能です。

2.被留置者によっては面会が禁止されている場合があります。また、面会可能な被留置者についても、業務の都合上、面会をお断りさせていただくことがあります。

3.面会希望の方は、必ず身分証明となるもの(免許証・保険証など)をご持参下さい。面会当日、身分の確認ができない方は面会をお断りすることがあります。

面会時の留意事項

 1.留置担当官の指示に従ってください。

 2.許可を受けずに外国語を使用しての会話はできません。

 3.面会室で被留置者と直接物品の受け渡しはできません。

 4.面会室内へ携帯電話、カメラ、録音機、パソコンなどは持ち込みできません。

 

差入れについて

受付時間・方法

平日(祝祭日を除く)

 午前9時30分から午前11時30分の間

 午後1時30分から午後4時30分の間

上記の時間に差入れしたい物品を持参してください。

 ※郵送による差入れは原則受付できません。

差入れ可能な物品

現金3万円以内

 ※被留置者がすでに多額の所持金がある場合はご遠慮ください。

雑誌・本類

 ※差入れされる方、1人につき3冊まで。ハードカバーの本の差入れはご遠慮ください。

便せん、封筒、切手など

衣類

 ※衣類の詳細についてはこちら

注意事項

留置施設内で使用できない物品については差入れをお断りさせていただくことがあります。

中身が確認できないなど、検査が著しく困難な物品については差入れできません。

差入れに来られる際は印鑑をお持ちください。

差入れできない物品の例

 差入れできない物品の例はこちら

その他

不明な点は留置管理課におたずね下さい。

なお、電話による被留置者の所在確認は原則受付けできません。

問い合わせ先

松江警察署留置管理課

0852-28-0110(内線241・242)

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー