• 背景色 
  • 文字サイズ 

男性の家事・育児・介護の分担の促進

 男女が協力して子育て・介護などの家庭生活や仕事に取り組めるよう夫婦間の分担を家庭で考えてもらうことや、男性が家事・育児・介護を行うことが当たり前として捉えられる社会をつくります。

 

1.現状

 島根においては、女性の働いている割合や合計特殊出生率が全国上位にあり、多くの女性が働きながら子育てをしています。その一方で、子育て世帯の男性の家事・育児・介護時間は69分/日と、女性の407分/日と比べて約6分の1と少なく(H28社会生活基本調査)、女性に負担が偏っている状況があります。

 その背景として、「子育ては母親でなければならない」とか「家事、介護は女性の方が向いている」といった固定観念が根強く残っていることが考えられます。

 男女が協力して子育て・介護や仕事に取り組めるよう、夫婦間の分担を見直すことや、職場において、男女とも育児・介護休業が取得しやすく、男性が家事・育児・介護を行うことが当たり前として捉えられる社会をつくることが必要です。

 

2.めざすすがた

 安心して家庭や仕事に取り組むことができるように、男女が協力して家事・子育て・介護を行うことが当たり前として捉えられる社会をめざします。

 

3.取組

イクメンを応援しています

イクメンポスター「イクメン応援キャンペーン」を通じて、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性「イクメン」をめざす人が増え、理解が深まるように働きかけています。

 

イクメン応援キャンペーンについて

 

ワーク・ライフ・バランスを推進しています

ペンギンポスター「ワーク・ライフ・バランス」の実践に繋がる「家事シェア」や「男性の家事育児参加」を当たり前のこととして捉え、応援してくれる働く場や社会全体の機運を醸成することで、性別に関わりなく多様な分野で能力を発揮し、活躍できる環境づくりを目指して、鳥取県と連携して広域広報を実施しています。

 

家族はチームだ!しまね・とっとりワーク・ライフ・バランスキャンペーンについて(外部サイト)

 

・会社は家族だ!しまね・とっとりワーク・ライフ・バランスキャンペーンについて(外部サイト)

 


お問い合わせ先

女性活躍推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県政策企画局女性活躍推進課
 事務室:令和3年3月12日まで 本庁舎西側会議棟1階
     令和3年3月15日から 本庁2階南棟西側
TEL 0852-22-5629
FAX 0852-22-6155
josei-katsuyaku@pref.shimane.lg.jp