• 背景色 
  • 文字サイズ 

不妊に悩む夫婦等への支援

妊娠・出産に負担感や不安を抱えている多くの若い世代が、安心して妊娠・出産できるよう妊娠期からの支援体制を充実します。

 

 

1.現状

妊娠、出産、子育ては、若い世代にとって、大きな喜びでありますが、一方で子どもが生まれる前も後も不安や悩みは尽きません。

不妊や不育に悩む方々の気持ちに寄り添った様々な支援を行い、子どもを産み育てたいと望む夫婦の希望をかなえ、安心して出産・子育てでき、「もう一人育てたい」と思えるような環境を整えていくことが必要です。

 

 

2.目的

不妊に悩む夫婦等への支援を拡充します。

 

 

3.取組

取組の方向

不妊に悩む夫婦等への支援

〇特定不妊治療費(体外受精及び顕微授精)の助成の拡充や不育症検査費への新たな助成による不妊症・不育症に対する支援を充実します。

〇男性の不妊検査費の助成や不妊の原因等について理解を深めるための多様な広報媒体の活用などにより治療に参加しやすい環境づくりを推進します。

〇不妊症や不育症に悩む夫婦等を対象とした不妊専門相談センターでの専門医・助産師による電話・メール等による専門相談対応の充実を図ります。

〇がん等の治療前の患者に対して、妊娠するための機能や妊娠する能力を温存する療法を行う場合の経費等の負担を軽減します。

事業展開

不妊治療に関する助成制度

〇医療保険が適用できず医療費が高額である特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)について、治療費の一部を助成することにより、

 治療者の経済的負担軽減を目的に実施しています。

 

島根県特定不妊治療費助成事業の詳細はこちら

 

〇不妊の原因の約半数は男性側にもあるとされています。男性にも積極的に検査を受けてもらうために、男性の不妊検査に係る

 費用の一部を助成します。

 

男性不妊検査費助成事業の詳細はこちら

 

〇市町村では、県の助成制度とは別に独自に助成を行っています。詳細は各市町村へお問い合わせください。

 

市町村の不妊治療費助成制度(令和2年10月1日現在)

 

 

 

 

不妊・不育に関する相談窓口

不妊や不育に関する専門相談をお受けする不妊専門相談センターを開設しています。

電話またはメール等で相談に応じますのでご利用ください。

 

不妊専門相談センター

 


お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、肝炎医療費助成、ハンセン病対策、調理師・栄養士免許など)0852-22-5329
・難病支援グループ(指定難病、小児慢性特定疾病など)0852-22-5267
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・子育て包括支援スタッフ(母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・医療保険グループ(国民健康保険、保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5270・5624
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp