• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねの集落営農

しまね集落営農

みんなの知恵と力を合わせ、楽しい農業といきいきとした里づくり


 

島根県では、

  1. 小規模で作業性に劣る中山間地域を多く抱える
  2. 全国に先駆けて過疎化・高齢化が進む
  3. 農業の担い手不足や耕作放棄地の増加

といった地域の課題に対応するため、集落単位で農地、農業機械、労働力を有効に活用していく「集落営農」の育成を、昭和50年頃から推進してきました。

 

しまねの集落営農について

集落営農組織は669組織うち、法人は257法人(令和2年3月末現在)となっています。

集落営農の推移

 

集落営農体制強化スピードアップ事業

農業・農村の持続的発展を目指し、広域連携組織や集落営農組織の取組を支援します。

事業の要綱はこちら

 

集落営農組織の法人化を検討される方へ(設立の手引き)

集落営農組織から法人化する場合の検討すべき課題、事務手続き、留意点などを掲載しています。

[設立編]

[管理運営編]

 

農事組合法人の届け出について

集落営農法人経営状況等実態調査


お問い合わせ先

農業経営課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 島根県農林水産部農業経営課
Tel:0852-22-5139
Fax:0852-22-5968
nogyo-keiei@pref.shimane.lg.jp