• 背景色 
  • 文字サイズ 

Web竹島問題研究所の主な動き(令和2年度)

杉原隆前竹島問題研究顧問「研究レポート」を掲載しました

藤井賢二竹島問題研究顧問の山陰中央新報「談論風発」を掲載しました

研究スタッフによる他機関での掲載情報

■下條正男「日本海は世界が認めた唯一の呼称」(外部サイト)(日本国際問題研究所、2021.2.10リーフレット配布)

■藤井賢二「竹島問題研究の最前線」(「九州大学韓国研究センター講演会(オンライン開催)」2021.2.1)

■藤井賢二「『反日種族主義との闘争』と竹島問題」(外部サイト)(日本安全保障戦略研究所(SSRI)2020.10.4掲載)

 

 

第16回「竹島の日」記念行事、竹島・北方領土返還要求運動県民大会

「竹島の日」記念特別展示の開催

令和2年度「竹島問題を考える講座」の開催

【令和2年度】「竹島問題を考える講座」の開催について

令和2年度は竹島問題を考える講座を3回開催しました

 

夏休みこども向け企画展を開催

■夏休み企画を行いました

夏休み企画のチラシ画像

第4期「竹島問題に関する調査研究」最終報告書を公開しました

第4期「竹島問題に関する調査研究」最終報告書を配布しました。(配布に関する報道発表(外部サイト)

全文はこちらでご覧いただけます。

第4期最終報告書の書影

『日韓の中学生が竹島(独島)問題で考えるべきこと』の発売

■第4期島根県竹島問題研究会座下條正男著「知っておくべき竹島の真実4『日韓の中学生が竹島(独島)問題で考えるべきこと』」がハーベスト出版より発刊されました。

日本語版は全国の書店で購入できます。なお、韓国語訳はこちらをご覧ください。(韓国語版:Korean

ブックレットの表紙の画像

その他の啓発活動

島根県内で出張展示を行いました

領土・主権展示館地方巡回展の開催について

内閣官房領土・主権対策企画調整室の主催で、領土・主権展示館地方巡回展が初めて開催されました。
島根県からは竹島の入門編パネルなどを特別出展して、竹島問題をわかりやすく紹介しました。

 

1.領土・主権展示館地方巡回展in広島
令和2年10月31日(土)~11月9日(月)10:00~18:00

地方巡回展の広島会場の様子の画像


2.領土・主権展示館地方巡回展in松江
令和2年11月14(土)~11月23日(祝)10:00~18:00

地方巡回展の松江会場の様子の画像

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、竹島資料室は2020年4月10日(金)から5月31日(日)まで休室していましたが、6月1日(月)から感染防止対策を講じたうえで開室いたしました。下記対策をご確認の上ご来室ください。

【竹島資料室の感染防止対策】(令和2年7月7日更新)

・体調不良の方は来室を控えてください。

・受付で検温を実施します。37.5℃以上の発熱のある方は入室いただけません。

・入室中はマスクを着用してください。

 

10月1日から団体見学(研修)の受け入れを再開いたしました。ご希望される場合は、事前にご予約が必要となります。

 


お問い合わせ先

総務課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
0852-22-5012
0852-22-5911
soumu@pref.shimane.lg.jp