しまね妊娠・出産相談センター

 不妊専門相談センターを令和4年4月から拡充リニューアルしました。

 しまね妊娠・出産相談センターは、将来子どもを望む方や、不妊や不育に悩む方からの相談のほか、出生前検査に関する相談、思春期相談、更年期を含む女性特有の心身の健康相談などもお受けします。

 電話またはメール等で相談に応じますので、ご利用下さい。

 ☆しまね妊娠・出産相談センターチラシ(PDF:5.25MB)

 

 〇不妊専門相談の例

 ・赤ちゃんがなかなか授からない

 ・流産を繰り返してつらい

 ・不妊や不育の検査や治療について知りたい

 ・不妊治療の費用はどのくらいするのか知りたい

 ・治療と仕事との両立が難しい

 ・いつまで続ければいいのか悩む・・・など

 

 〇妊娠・出産・健康支援相談の例

 ・将来、妊娠を考えているが健康面で心配

 ・出生前検査について知りたい

 ・月経痛や月経不順でつらい

 ・更年期症状でつらい・・・など

 

電話による相談方法について

 

・専門の相談員が電話による相談をお受けしています。

・専用電話番号は、070−6690−5848です。

  • 相談時間は、月・火・水・金・土(年末年始・祝日を除きます)の10:00〜16:00です。
  • 相談は無料です。
  • 相談の際に氏名等を名乗られる必要はありません。

 (ただし、年齢、お住まいの地域等をお伺いすることがあります)

★面接を希望される方は、別途予約が必要です。

 

メールによる相談方法について

 

  • 相談時間になかなか電話できない方のために、メ−ルによる質問を受け付けています。

 【申し訳ございませんが、お答えするまでに少々お時間をいただきます。】

 

スマートフォンをお使いの方は特にご注意ください!

 スマートフォンの多くは、PCからのメールの受信を拒否する設定になっています。

 迷惑メール対策等のため、メールの受信拒否を行っている方は、次のドメインからのメールが受信で

 きるよう、受信拒否解除をお願いします。ドメイン【med.shimane-uc.ac.jp】

 受信拒否の解除を行わない場合は、回答のメールが受け取れませんのでご注意ください。

 

 

不妊専門相談センターの状況

・当センターへの相談状況です。

相談件数

 令和2年度の相談件数は、電話相談44件、メール相談35件、面接相談0件の合計79件でした。

 令和元年度の相談件数は、電話相談28件、メール相談33件、面接相談0件の合計61件でした。

 平成30年度の相談件数は、電話相談52件、メール相談20件、面接相談0件の合計72件でした。

 平成29年度の相談件数は、電話相談81件、メール相談36件、面接相談0件の合計117件でした。

 平成28年度の相談件数は、電話相談95件、メール相談45件、面接相談0件の合計140件でした。

 平成27年度の相談件数は、電話相談60件、メール相談51件、面接相談0件の合計111件でした。

 平成26年度の相談件数は、電話相談42件、メール相談123件、面接相談1件の合計166件でした。

 平成25年度の相談件数は、電話相談79件、メール相談89件、面接相談1件の合計169件でした。

 

相談内容

 以下のような相談が寄せられました。

 ・不妊症の検査・治療の方法について

 ・不妊治療を実施している医療機関の情報について

 ・不妊治療の費用・助成金について

 ・家族に対すること

お問い合わせ先

健康推進課

企業広告
ページの先頭へ戻る