• 背景色 
  • 文字サイズ 

移植医療について(移植医療とは)

○平成9年10月16日に「臓器の移値に関する法律」が施行され、我が国でも本人の書面による脳死判定に従う意思
表示と臓器提供の意思表示があり、それぞれ家族の同意があれば、脳死した方からの臓器移植が可能になりました。

○島根県では、移植医療の推進に取り組む体制を整備するため、平成10年2月に市町村及び関係者の皆様の御支援
により、公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根(旧財団法人島根難病研究所)に心臓や腎臓などの臓器のみなら

ず、角膜や骨髄移植も含めた移植の複合バンクである「しまねまごころバンク(外部サイト)」を設置しました。

<公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根島根県出雲市塩冶町>
(財)島根難病研究所
○あわせて「県臓器移植コーディネーター」を配置し、角膜のあっせんや移植医療の普及啓発を推進しています。
○とりわけ、臓器移植については「しまねまごころバンク」が中心となり、患者団体やライオンズクラブなど関係協力団体
との連携のもと、正しい情報の提供や、各種イベントへの参加を通じた啓発活動など、分かりやすい形の啓発を心がけ
ています。
 
 まごころバンク
 
○臓器移植に際して、必要不可欠なものは、「正しい知識と自由な判断」に基づく「善意の提供意思」と「ご家族の方の
 ご理解」です。
 皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 角膜移植はこちら

 腎臓移植はこちら

【NEW】10月の骨髄ドナー登録会のご案内

10月は以下のとおり行う予定です。

同じ会場で献血も行っています。

この機会に「献血してみようかな~」とお考えの方、ちょっとだけ余分にお時間(10分程度)&検査用の血液(2ml)を頂ければ、骨髄ドナーの登録ができます。

移植を心待ちにしている患者さんのために、皆様のドナー登録をお待ちしています。

【ドナー登録できる方】

○骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分理解している方(会場で説明します)

○年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方

○体重が男性45kg以上、女性40kg以上の方

 

実施予定
日付 場所 時間 備考

10月8日(金)

中国電島根支社(松江市)

9:00-11:30

同じ会場で献血も行っています。

10月12日(火)

山陰合同銀本店(松江市)

9:00-12:00

同じ会場で献血も行っています。

10月22日(金)

浜田市JAしまいわみ中央地区本部(浜田市)

9:30-12:00

同じ会場で献血も行っています。

10月25日(月)

雲南市役本庁(雲南市)

9:30-11:30

13:00-16:30

同じ会場で献血も行っています。

10月26日(火)

奥出雲町役横田庁舎(奥出雲町)

9:30-11:00

同じ会場で献血も行っています。

10月27日(水)

奥出雲町役仁多庁舎(奥出雲町)

10:00-13:30

同じ会場で献血も行っています。

10月31日(日)

イオンモール出雲(出雲市)

10:00-16:00

同じ会場で献血も行っています。

 

 

<お問い合わせ先>

693-0021 出雲市塩冶町 223-7

公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根(しまねまごころバンク)

TEL: 0853-22-2556

毎年10月は骨髄バンク・臓器移植普及推進月間です

~骨髄バンクは本年で30周年!~

 

一人でも多くの県民の方の骨髄バンクへの登録、臓器提供の意思表示に繋がるよう、厚生労働省の呼びかけにより、関係機関と連携しながら、毎年10月を骨髄バンク推進月間及び臓器移植普及推進月間として、普及啓発活動を重点的に行います。

令和3年度期間中の主なイベント内容は下表のとおりです。

 

<お問い合わせ先>

693-0021 出雲市塩冶町 223-7

公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根(しまねまごころバンク)

TEL: 0853-22-2556

R3の主なイベント
イベント 日時 特記事項
グリーンライトアップ

TSKさんいん中央テレビ 本社ビル

 10/15(金)~10/16(土)日没後~ 22 00

道の駅キララ多伎モニュメント

 10/16(土)日没後~ 20 00

木次大橋

 10/15(金)~10/17(日)日没後~ 21 00

臓器移植のシンボルカラーの緑色でライトアップする

特設展示

ブースの設置

雲南市庁舎

 10/12 (火)~ 10/19 (火)

奥出雲町仁多庁舎

 10/15(金)~ 10/27 (水)

(公財)ヘルスサイエンスセンター島根

 10/1(金)~ 10/30 (土)

移植医療(骨髄・臓器・角膜)についてのポスターや

パンフレット等の資料を設置

骨髄バンク登録会

(献血並行型)

松江市内 10/8(金) 、 10/12(火)

浜田市内 10/22(金)

雲南市内 10/25(月)

奥出雲町 10/26(火)、10/27(水)

出雲市内 10/31(日)

期間中5市町7会場で開催

※登録会のほか、献血ルームだんだん(松江大輪町)、

各保健所(要事前予約)では年間を通じて登録可

 

島根県立図書館で展示会を開催しました【2020/6/5~7/1】

島根県内で移植医療の普及啓発を行っている『しまねまごころバンク』(公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根の中に設置)が、令和2年6月5日~7月1日の間、島根県立図書館で移植医療に関する展示会を開催しました。

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

引き続き、出前講座「やさしい移植のはなし」(外部サイト)も開催しています。こちらもよろしくお願いします。

  

<お問い合わせ先>

693-0021 出雲市塩冶町 223-7

公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根(しまねまごころバンク)

TEL: 0853-22-2556

 

島根県健康福祉部医療政策課地域医療支援第一グループ・在宅医療推進スタッフ

TEL: 0852-22-6682 FAX:0852-22-6040

 

島根県の骨髄ドナー登録状況(令和2年2月末現在)

〇島根県のドナー登録者数(累計)5,137人<対象人口(20歳~54歳)千人当たり20.04人>

〇島根県のドナー登録者数(2月末の状況)前月末から6人の増

〇島根県での移植希望者数(2月末)4人

〇島根県での骨髄等移植実施数(累計)231例

〇令和元年度の状況<登録数累計(2月まで)531人、取消数累計(2月まで)224人、純増加数累計(1月まで)307人>

【参考】

全国のドナー登録者数(累計)529,088人<対象人口(20歳~54歳)千人当たり9.42人>

全国のドナー登録者数(2月末の状況)前月末から969人の増

全国での移植希望者数(2月末)1,937人

全国での骨髄等移植実施数(累計)24,147例

日本骨髄バンクからのお知らせ

貴校へ「語り部」を派遣します!

日本骨髄バンクでは、移植によって元気になられた元患者さんや提供経験のあるドナーさん、または職員が「語り部」となり、全国の学校や企業・団体に出向き、骨髄移植や提供に関わる体験談、ドナー登録や骨髄提供方法、骨髄バンクの現状について講演を行っています。

「語り部」への謝礼や交通費、資料等につきましては、日本骨髄バンクが準備の上、負担します。また、時間・内容について、個別にご相談いただくことも可能です。

貴校において、「語り部」による講演会や勉強会の機会を設けて頂ける場合、是非とも以下のお問い合わせ先までご一報頂きますようお願いします。

詳細はこちらのパンフレットをご覧ください。

<お問い合わせ先>

 公益財団法人日本骨髄バンク広報渉外部

 担当者:小島、田中

 〒101-0054東京都千代田区神田錦町3-19廣瀬第2ビル7階

 TEL03ー5280ー8111(平日9:00~17:30)

 FAX03ー5280ー0101

 Emailpr@jmdp.or.jp

 

____________________________________________________________

ドナー登録は18歳から可能です。来春、卒業を迎える高校生、入学を迎える大学・専門学校生に骨髄バンクへの理解とドナー登録の推進を図るため、骨髄バンク推進月間中(10/1~31)に別添のチラシを配布する予定です。是非ご覧ください。

 

 

島根県骨髄バンク登録推進指針について

移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する施策として、

平成30年4月から始まる新たな「島根県骨髄バンク登録推進指針」を策定しました。

指針の期間は、平成30年度から平成35年度(2023年度)までです。

 

指針については、こちら(pdf:606kb)を参照してください。

 

 

島根県版オリジナルデザイン臓器提供意思表示カ-ドを作成

標題のリンク先のとおりです。

平成31年2月18日付け医第1431号の関係書類を掲示します。

資料1

臍帯血流出事案及び造血幹細胞移植法改正の概要

 →こちらをご覧ください。

 

資料2

産科医療機関の皆様へ~造血幹細胞移植法が改正されました~(リーフレット)

 →こちらをご覧ください。

 

資料3

赤ちゃんを出産予定のお母さんへ(リーフレット)

 →こちらをご覧ください。

 

別添1

「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律」(平成30年法律第98号)の要綱及び新旧対照表

 →こちらをご覧ください。

 

別添2

移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律施行規則及び移植に用いる臍帯血の品質の確保のための基準に関する省令の一部を改正する省令(平成31年厚生労働省令第12号)の新旧対照表

 →こちらをご覧ください。

 

別添3

改正後の「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律の運用に関する指針(ガイドライン)」(平成25年12月27日付け健発1227第2号厚生労働省健康局長通知)

 →こちらをご覧ください。

 

別添4

改正後の「移植に用いる臍帯血の品質の確保のための基準に関する省令の運用に関する指針(ガイドライン)」(平成25年12月27日付け健発1227第3号厚生労働省健康局長通知)

 →こちらをご覧ください。

令和2年度人工透析実施状況調査

各人工透析医療施設管理者様

 

令和2年10月30日付け医第1377号で依頼させていただいた様式については、こちらをご活用ください。

11月27日(金)までにご回答をお願いします。

お忙しい中ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願いします。


お問い合わせ先

医療政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県健康福祉部 医療政策課
TEL0852-22-6698(医事グループ)
   0852-22-6277(看護職員確保グループ)
   0852-22-6276(地域医療支援第一グループ)
  0852-22-6629(地域医療支援第二グループ)
   0852-22-5251(医師確保対策室)
FAX0852-22-6040
iryou@pref.shimane.lg.jp