• 背景色 
  • 文字サイズ 

安定ヨウ素剤

安定ヨウ素剤について

 原子力災害が発生した際に放射性ヨウ素が放出され、身体に取り込まれると甲状腺に蓄積し、数年から数十年後に甲状腺がん等を発症させる可能性があります。そのような内部被ばくは、医薬品である安定ヨウ素剤をあらかじめ服用することで低減することが可能です。

 このため、島根県では、「島根県安定ヨウ素剤配布計画」を策定し、放射性ヨウ素による内部被ばくの恐れがある場合に安定ヨウ素剤を服用できるよう準備しています。

安定ヨウ素剤のはたらきと効果

安定ヨウ素剤の事前配布

 島根県、松江市、出雲市、安来市及び雲南市は、服用の指示に基づき速やかに安定ヨウ素剤を服用することができるよう、平時から原子力災害対策重点区域の対象者に安定ヨウ素剤を配布しています。

島根原子力発電所からおおむね5km圏(PAZ)内にお住まいの方

(松江市の一部の地域)

事前配布の対象者

  • 原則、40歳未満の方
  • 妊婦、授乳婦及び妊娠を希望される女性(全年齢)

事前配布会(開催時期:令和3年7月~8月)

令和3年度の事前配布会は終了しました。令和4年度の事前配布会は改めてお知らせします。

島根原子力発電所からおおむね5~30km圏(UPZ)内にお住まいの方

(松江市のPAZを除く地域並びに、出雲市、安来市及び雲南市のそれぞれ一部の地域)

事前配布の対象者

 緊急時に速やかに安定ヨウ素剤の配布を受けることができない理由があり、事前配布を希望される次の方

  • 原則、40歳未満の方
  • 妊婦、授乳婦及び妊娠を希望される女性(全年齢)

事前配布会(開催時期:令和3年9月、申請期間:8月2日~20日)

令和3年度の事前配布会の申請受付は終了しました。申請者には順次、詳細なご案内を郵送します。

島根原子力発電所からおおむね5km圏(PAZ)内の事業所にお勤めの方

事前配布の対象者

 PAZ内の事業所に勤務されている方のうち、PAZ外にお住まいで、事前配布を希望される次の方

  • 原則、40歳未満の方
  • 妊婦、授乳婦及び妊娠を希望される女性(全年齢)

事前配布会(開催時期:令和3年9月、申請期間:8月2日~20日)

令和3年度の事前配布会の申請受付は終了しました。申請者には順次、詳細なご案内を郵送します。

 

 

安定ヨウ素剤の備蓄

 避難住民等に対する安定ヨウ素剤の緊急配布に備え、島根県、松江市、出雲市、安来市及び雲南市では市役所、オフサイトセンター、学校等に対象人口の3回分の数量を備蓄しています。

特定施設における安定ヨウ素剤の保管取扱い

 「島根県安定ヨウ素剤配布計画」に基づき、学校等に備蓄する安定ヨウ素剤の管理、配布及び服用の方法について定めています。

関係先リンク


お問い合わせ先

医療政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県健康福祉部 医療政策課
TEL0852-22-6698(医事グループ)
   0852-22-6277(看護職員確保グループ)
   0852-22-6276(地域医療支援第一グループ)
  0852-22-6629(地域医療支援第二グループ)
   0852-22-5251(医師確保対策室)
FAX0852-22-6040
iryou@pref.shimane.lg.jp