• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねの地域包括ケア

医療との連携

 疾病を抱えても、自宅等の住み慣れた生活の場で療養し、自分らしい生活を続けられるためには、地域における医療・介護の関係機関が連携して、包括的かつ継続的な在宅医療・介護の提供を行うことが必要です。
島根県においては、関係機関が連携し、多職種協働により在宅医療・介護を一体的に提供できる体制を構築するための取組を推進しています。

 

 詳しくはこちらをクリック!→ 〇在宅医療の推進について(島根県健康福祉部医療政策課)

在宅医療・介護連携支援センター(医療・介護関係者向け相談窓口)

 在宅医療・介護連携支援センターは、地域の医療・介護関係者の連携を支援する相談窓口として、県内すべての市町村に設置されています。

詳しくはこちらをクリック!→〇在宅医療・介護連携支援センター(医療・介護関係者向け相談窓口)

在宅医療・介護連携支援センターの主な役割
  • 在宅療養に関する相談窓口
  • 地域の医療・介護資源の把握
  • 医療介護の連携調整
  • 住民啓発と関係者への研修

※センターにより役割が異なりますので、詳細は各センターへお問い合わせください。

入退院連携ルール

安心して在宅療養ができるよう、地域から病院へ、病院から地域へスムーズに移行できる環境づくりが重要です。

入退院支援を行う病院の地域連携担当者やケアマネジャー(介護支援専門員)、訪問看護ステーション、地域包括支援センター等の関係者が連携して取り組むことが必要です。

 

島根県入退院連携ガイドライン

要介護・要支援者及び退院支援が必要な方の入退院時における病院等と居宅介護支援事業所・地域包括支援センター間の情報共有ルールを定める際のガイドラインです。2次医療圏域等でルール化する際の参考にしてください。

このガイドラインでは、情報共有にかかる最低限の内容を列挙しました。各圏域で関係者が検討し、必要に応じて細部を定めるなど、それぞれの地域の実情にあわせてルールを作成してください。

 

詳しくはこちらをクリック!→〇島根県入退院連携ガイドライン(島根県健康福祉部高齢者福祉課)

 

 

雲南圏域における入退院連携マニュアル

雲南圏域(雲南市、奥出雲町、飯南町)では、病院の地域連携担当者、居宅介護支援事業所・介護事業所のケアマネジャー、訪問看護ステーション代表、市町地域包括支援センター職員により「雲南地域医療介護連携調整検討委員会」を設置し、要介護・要支援者および退院支援が必要な方が入院または退院をされる際に、関係機関が協力して入退院時の連携をとることができるよう、雲南圏域における病院とケアマネジャー、訪問看護ステーション、地域包括支援センター間の入退院調整のルールを策定しています。

 

詳しくはこちらをクリック!→〇雲南圏域における入退院連携マニュアル(島根県雲南保健所)

 

 

しまね型医療提供体制構築事業(圏域課題解決推進事業)

 地域の皆さまで協力して課題の解決に取り組んでいただくことにより、地域の実情に応じた適切な医療提供体制を構築していくことを目的とした事業です。

 地域の課題解決と病床の機能分化・連携に寄与する取り組みであれば、提案内容は自由です。

 事業成果は今後の県施策にも反映していきたいと考えていますので、より多くのアイデアをご提案ください。

 

 詳しくはこちらをクリック!→〇医療介護総合確保促進法に基づく島根県計画(島根県健康福祉部医療政策課)

 

 

 ■平成30年度圏域課題解決推進事業補助金を活用した事業

 ・吉川歯科クリニック(成果報告資料

 ・社会医療法人仁寿会(成果報告資料

 ・公益社団法人益田市医師会(成果報告資料

 

 ■平成29年度圏域課題解決推進事業補助金を活用した事業

 ・社会医療法人仁寿会(成果報告資料

 ・公益社団法人益田市医師会(成果報告資料

 

関連情報(リンク)

お問い合わせ先

高齢者福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5111(代)
FAX:0852-22-5238
kourei@pref.shimane.lg.jp