• 背景色 
  • 文字サイズ 
  • トップ
  •  > 
  • 埋蔵文化財調査センター

埋蔵文化財調査センター

埋蔵文化財調査センターの概観 いにしえ学習館外観

埋蔵文化財調査センター本館  いにしえ学習館

 

 埋蔵文化財調査センターは、特色ある島根県の文化財を調査・研究・保護し、調査成果の普及啓発を進めていくとともに、道路建設など各種開発事業との調整や事前調査、出土した埋蔵文化財の収蔵・管理を行うために、1992年(平成4年)に設置されました。

 

埋蔵文化財調査センター講演会を開催します

チラシ講演会タイトル

平成30年度島根県埋蔵文化財調査センター講演会「明らかになった古墳時代の集落とマツリ-大田市内の最新の発掘成果を中心に-」

概要

・近年の一般国道9号(大田静間道路)改築工事に伴い発掘調査した成果を報告します。

・大田市長久町・鳥井町の御堂谷遺跡や同市鳥井町平ノ前遺跡では古墳時代中期から後期の集落跡や祭祀遺物の出土が確認され、島根県内でも類例が少ない成果です。

・隣接して大田市教育委員会が調査した鳥井南遺跡からも祭祀遺物が数多く出土しておりそれらの成果も合わせて報告し、大田市の古墳時代の実像に迫ります。

開催日時

 平成31年3月16日(土)14時から17時まで(開場13:30)

会場・定員

 島根県立男女共同参画センターあすてらす3F研修室・定員100名

主催

 主催:島根県埋蔵文化財調査センター・共催:大田市教育委員会

報告内容1「大田市の古墳時代の集落とマツリ-鳥井南遺跡を中心に-」中田健一(大田市教育委員会石見銀山課)

 2「弥生・古墳時代の集落-御堂谷遺跡の調査成果-」仁木聡(島根県教育庁埋蔵文化財調査センター)

 3「河川の祭祀跡-平ノ前遺跡の調査成果-」伊藤智(島根県教育庁埋蔵文化財調査センター)

申込方法

 電話・ファックス・電子メールのいずれかで氏名・住所・電話番号に「3月16日講演会申込と添えて」お申し込みください。

いにしえ倶楽部連続講座を開催します

チラシタイトル:きまちいしー中世・石塔・カタ・カタチー

講座内容:松江市宍道町を中心に産出する 来待 白粉 白来待 )。この良質な石材を使って、中世には独特な形の石塔が作られました。カタチとデザインを細かく分析し、出雲における石塔生産の起源と実態に迫ります。

日時:平成31年2月24(日)13:30~15:30

講師:間野大丞(埋蔵文化財調査センター調査第3課長)

会場:埋蔵文化財調査センター研修室

定員:70名(聴講無料:先着順、募集定員に達し次第締め切り)

申込方法:電話、ファックス、Eメールのいずれかで埋蔵文化財調査センターへ申し込み(あて先は下記参照)

申込・問い合わせ先:郵便番号690-0131松江市打出町33島根県埋蔵文化財調査センター

電話0852-36-8608FAX0852-36-8025電子メールmaibun@pref.shimane.lg.jp

現地説明会資料

「発掘調査だより」(ブログ)

発掘調査だより(ブログ)

日々の活動を写真を交えて分かりやすく紹介します。

新着情報

お知らせ

 ●専門解説員による「古曽志公園しまね遺跡ガイド(外部サイト)」を実施しています

 

埋蔵文化財調査センターの業務と利用案内

普及活用事業

 『いにしえ倶楽部』や、連続講座、埋蔵文化財調査センター講演会を紹介します。

 埋蔵文化財調査センターの普及活用事業

 

学校教育との連携

イベント・刊行物・NEWS

イベント・刊行物・NEWS

 県内の文化財に関するイベントや刊行物など、色々な情報をご紹介します。

 

埋蔵文化財調査センターの刊行物

 『ドキ土器まいぶん』や『発掘調査パンフレット』など埋蔵文化財調査センターの刊行物を紹介するコーナーです。

 

文化財事業の後援

各種文化財事業の後援をご希望の場合は申請書の提出をお願いします。

申請書様式(Word形式)

アクセスカウンタ


お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター

〒690-0131 島根県松江市打出町33番地
【電話】0852-36-8608
【FAX】0852-36-8025
【Eメール】maibun@pref.shimane.lg.jp