• 背景色 
  • 文字サイズ 

美保関・大平山コース

美保関大平山コース

 コースの概要

 美保関・大平山コースは、境水道大橋で鳥取県からのコースを受け継ぎ、大山隠岐国立公園の一部に指定されている島根半島東部の海岸と、宍道湖北山県立自然公園の枕木山〜大平山の稜線を結ぶもので、松江市美保関町から、松江市島根町を抜け、松江市鹿島町に至る長大なルートです。
海岸部は、白砂青松のリアス式海岸が続いていて、海水浴や磯釣りのメッカとなっています。
また、枕木山・大平山モデルコースは、古くから松江市民や地域の人たちに親しまれているハイキングコースで、枕木山−三坂山−澄水山−大平山と続く稜線からは、日本海や宍道湖、中海が眼下に望まれ、天気の良い日には大山や隠岐島も遠望される格好の展望コースです。

 

MAP

惣津・北浦海岸モデルコース

●島根半島の海岸

 島根半島東部の景観の特色である沈水海岸(リアス式海岸)や海蝕洞門景観が、名勝美保北浦に続いて展開され、北方には九島が眺望される。

法田「松島」

 

 

 

 

 

←法田「松島」

 

 

●惣津海岸

 玉結湾に面し、明島を中心に東西約200mの浅い岩場。海岸線と平行に沿った磯には浅く小さな汐溜りが多く、磯の生物や海草類を見る事ができる。

惣津海岸イメージ写真

 

●七類港(しちるいこう)

 「ひ」の字型の七類港は天然の良港で、隠岐島を2時間30分で結ぶフェリーや1時間で結ぶ高速船の基地となっている。

 

●メテオプラザ

 1992年12月に落下してきた美保関いん石が展示されている。美保関いん石は46億年前、太陽系の誕生とともに生まれ、6100万年もの間ほぼこの形で宇宙を旅してきたとされる。

メテオプラザイメージ写真

 

 

●七類大日堂(しちるいだいにちどう)

 七類港の南側の常楽寺に大日堂があり、大日如来像が安置されていて、牛馬の守護仏として有名である。

七類単大日堂イメージ写真

 

 

枕木山・大平山モデルコース

●華蔵寺(けぞうじ)

 臨済宗南禅寺派の古刹花蔵寺は延暦22年(803年)の創建で、老木の生い繁る境内には、本堂をはじめ、観音堂、開山堂、薬師堂、仁王門などの多くの建物が並ぶ。なかでも薬師堂の薬師如来坐像は藤原時代初期の傑作といわれ、国の重要文化財に指定されている。

 

 

●枕木山(まくらぎさん)・三坂山(みさかやま)

 枕木山(453m)は、松江市の北側に衝立のように連なっている北山山系を代表とする山として、華蔵寺と共に古くから親しまれている。

また、三坂山(535.7m)は、この山系の最高峰で、日本海や宍道湖、中海の展望がすばらしい。

 

 

●北山の植生

 華蔵寺の境内は、社寺林としてうっそうとした森林をなしていて、シイ・カシ類、タブノキ、ヤブツバキ等の常緑照葉樹とスギの巨木が繁っている。

一方、枕木山から三坂山、澄水山(しんじさん)に続く稜線のハイキングコース沿線は、コナラ、クリ、シデ等の雑木林が続き、春の新緑や秋の紅葉がすばらしい。

華蔵寺薬師堂境内周辺イメージ写真

華蔵寺薬師堂

 

 

●多久の湯

 松江市鹿島町内の日帰り温泉施設。

多久の湯イメージ写真

リンク


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp