• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまエコ活動実践団体の募集について

 島根県では、環境保全活動の一環として、毎年6月の「環境月間」において、県内の各企業・団体に向けて「エコ活動実践事業所」(環境保全に取り組む事業所)の募集を行っています。

 2019年度からは、よりたくさんの企業・団体の方にご参加いただくために、「しまエコ活動実践団体」として募集規模を拡大いたしました。

2021年度しまエコ活動実践団体を募集します!

活動報告いただいています!!→【2021活動報告ページはこちら】※随時更新します。


 2021年もやります、「しまエコ活動実践団体」募集!

 2018年まで募集しておりました“エコ活動実践事業所”の頃から、たくさんの企業・団体の方にご参加いただき、ありがとうございます。

 2019年度から、よりたくさんの方に環境保全活動にご参加いただくために、期間・募集条件などを拡大して募集しております。

 「春の海ごみゼロウイーク(5/30~6/8)」から「環境月間(6/1~6/30)」に連なるこの季節、みなさまの環境保全活動の報告をお寄せください!
 

 ご応募いただいた団体の活動については、県ホームページで紹介し、地域で連携して環境保全に取り組んでいる方や、これから環境保全活動に取り組もうとしておられる方の参考となり、環境保全の輪が広がっていくよう応援いたします。

 企業・団体の取組みを、広く県民の方にお知らせする好機となりますので、身近な環境の保全活動に一緒に取り組みましょう!

2021年度事業の特徴

今年度の事業は、以下の3点が特徴です。

(1)活動期間は5~6月をまたぐ32日間

 「環境月間」と、「春の海ごみゼロウィーク」の活動期間を加えた32日間(5/30~6/30)で募集をいたします。

 近年特に話題となっている「海洋ごみ問題」や「プラスチックスマート」の取組とも連動して推進いたします。

(2)活動中の共通アイテムを設定します!

 「海ごみゼロウィーク」でも取り入れられている共通アイテム"青いアイテム"を身につけて、活動を行ってください。

 アイテムはシャツ・帽子・タオル・ゴミ袋...などなど、どんなものでもOKです。

(3)「海ごみゼロウィーク」とコラボします!

 参加いただく企業や団体の活動をさらに広報するため、今年のしまエコ実践団体の募集では、「海ごみゼロウィーク(※1)」とコラボします。

 従来の事後の活動報告の他に、事前エントリーいただいた場合は「海ごみゼロウィーク」参加団体としてのサポートも行います(※2)。

 (※1日本財団と環境の共同事業で行われる、未来の地球にとって重要な海洋ごみの問題について考え、行動するための全国キャンペーンです)

 (※2「海ごみゼロウィーク」の実施期間だけでなく、しまエコ活動実践団体の募集期間内は全て対象となります)

 <参考>海ごみゼロウィークホームページ(外部サイト)

募集対象

(1)島根県内の企業・事業所

(2)「しまエコショップ」「しまエコスポット」等の登録店舗・施設

(3)環境活動に取り組んでいるNPO・任意団体等

(4)学校やサークルなど教育機関における団体...ほか

活動内容と方法

【活動の実施期間】

 2021(令和3)年5月30日(日)から6月30日(水)の32日間


【活動場所】

 (1)活動場所は自由に設定可能です。海・山・川・街中など、どこで行ってもかまいません。

 (2)「しまエコショップ」や「しまエコスポット」においては、施設周辺での活動でも結構です。


【活動内容】

 募集対象としては、原則地域連携など社会参画を伴う活動内容を想定しています。

 ■地域の環境保全に関する活動の実施又は活動への参加

 ■公共の場における緑化・植栽整備等の美化活動

 ■共同利用施設におけるグリーンカーテンなど省エネ対策の実施

 ■不法投棄防止活動の実施...ほか

 ※事業所内部の清掃など地域との連携が乏しい活動は対象外となります。


【活動方法】

 全期間において"青いアイテム(※1)"を身につけて、活動を行ってください。

 ■例:シャツ・帽子・軍手・タオル・アクセサリーなど

 (※1参加者全員で統一する必要はありません。またこちらからアイテムの貸し出し等は行わないので、自由に設定してください)

 (参考)青い軍手青いシャツバッグバンダナ

活動の報告方法

今年度の活動報告の方法は、一般的な「活動後の事後報告」と、海ごみゼロウィークにもダブルエントリーする「活動前の事前申し込み+事後報告」の2パターンがあります。

【1】一般的な方法エントリー方法(活動後に実施報告)

【報告方法】

 (1)活動時に、活動内容及び共通アイテムがわかる写真を撮影してください。(事前申請は不要です)

 (2)写真データ(※2)を、報告・エントリーシートと一緒に下記のアドレスへメールで送信してください。

 Mail:ems-kanrisha@pref.shimane.lg.jp(環境政策課管理者アドレス)

 (※2写真データは1枚程度。ファイルサイズは、可能であれば1MB以内に圧縮して送信してください)


【報告期限】

 2021(令和3)年7月23日(金)までに報告してください。

【2】海ごみゼロウィークにもエントリー(事前申し込み+実施報告)

【事前申し込み】

 (1)活動を行う前に、活動予定について事前に申し込みをしてください

 (募集チラシの例示のように、実施報告と同じ様式を使って、「エコ活動を実践します」を明記して提出ください)

 (2)活動終了後、上記「(1)一般的な方法(活動後に実施報告)」と同じように、報告様式を使って報告を行ってください。

 (3)事前エントリーをいただける場合は、以下のような特典があります。

 *海ごみゼロウィークオリジナルごみ袋(30L)プレゼント

 *事前にロゴ入り横断幕をお送りしますので、現地で一緒に写真を撮影ください。

 *報告いただいた写真と活動内容を、県HPに加えて「海ごみゼロウィーク」ホームページでも広報します


【申し込み対象】

 「海ごみゼロウィーク」実施期間である5/30~6/8だけでなく、環境月間の期間(~6/30)に行われる活動全体が対象になります。

 (ロゴ入り横断幕の貸出とゴミ袋の提供については、発送から到着まで日数がかかるため、活動日の5営業日前までのお申し込みが必要です)

 事後の実施報告は、上記「(1)一般的な方法(活動後に実施報告)」と同じく、2021(令和3)年7月23日(金)までに報告してください。

注意事項

 活動及び申し込みについては、エントリーをいただく前に、以下の点にご注意いただくようお願いいたします。

(1)新型コロナウイルス感染症の拡大予防については、十分な対策と配慮を行ってください。

 体調が悪い方がおられたり、感染の拡大が急速に進むなどの社会的状況があれば、無理に活動を実施しないようご注意ください。

 「三つの密」の回避・「人と人との距離の確保」・「マスクの着用」・「手洗いなどの手指衛生」など、基本的な感染対策に取組ながら、活動を実施してください。

 イベントとして開催される場合は、以下のガイドライン等をご覧いただき、徹底した感染防止対策の下での安全な活動を行ってください。

 *島根県からのお願い(島根県HP)

 *新型コロナウィルス感染防止対策ごみ拾いイベント実施ガイドライン(外部サイト)


(2)申し込みいただいた内容については、写真を含め環境保全活動に関する広報に使用させていただきます。

 *エントリーシートに記載いただいた活動報告の記載事項及び画像は、県ホームページ等に掲載いたします。

 *事前エントリー及び実施報告の記載事項については、より積極的な広報を行うため、島根県における海ごみゼロウィークの実施事務局である

 「海と日本プロジェクトinしまね事務局(さんいん中央テレビ内)」(外部サイト)

 と共有させていただきますので、あらかじめご了承ください。

 *実施報告について、海ごみゼロウィークとの共有を希望されない場合は、申し込み時にその旨記載ください。

 *提出いただいた情報については、当事業の実施にのみ使用いたします。

募集案内・エントリーシート

 募集案内及びエントリーシートはこちらからダウンロードできます。

 *募集案内(PDF)※A3見開き両面印刷サイズです

 *エントリーシート(Word)

関連項目

<過年度の実施状況>

2019年度の活動報告ページ→【活動報告2019はこちら

2019年度の募集ページ→【募集2019はこちら

 

エコ活動実践事業所の取り組みについては以下をご覧ください。

2018年度の活動報告ページ

 

<関係リンク>

環境月間」(6月1日~6月30日)

宍道湖・中海一斉清掃

海ごみゼロウィーク」(外部サイト)

プラスチック・スマート」(外部サイト)


お問い合わせ先

環境政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:(0852)22-6379 FAX:(0852)25-3830
E-mail:kankyo@pref.shimane.lg.jp