大気汚染防止法における石綿(アスベスト)規制

  • 「大気汚染防止法」に基づき、特定建築材料が使用されている建築物等の解体、改造、補修作業を行う際には、石綿飛散防止対策(作業基準の遵守)が義務づけられています。
  • 吹付け石綿、石綿含有断熱材・保温材・耐火被覆材に係る作業については、事前に島根県(松江市域は松江市)に届出を行う必要があります。

特定建築材料に核当する建築材料

特定建築材料一覧

特定建築材料の区分

建築材料の具体例

作業の実施による

届出の要否

吹付け石綿

(1)吹付け石綿

(2)石綿含有吹付けロックウール(乾式・湿式)
(3)石綿含有ひる石吹付け材

(4)石綿含有パーライト吹付け材

石綿を含有する断熱材

(1)屋根用折板裏断熱材

(2)煙突用断熱材

石綿を含有する保温材

(1)石綿保温材

(2)石綿含有けいそう土保温材
(3)石綿含有パーライト保温材

(4)石綿含有けい酸カルシウム保温材、
(5)石綿含有水練り保温材

石綿を含有する耐火被覆材

(1)石綿含有耐火被覆板

(2)石綿含有けい酸カルシウム板第2種

石綿を含有する仕上塗材

(1)石綿含有建築用仕上塗材

(2)石綿含有建築用下地調整塗材

-

石綿含有成形板等

(1)石綿含有成形板

(2)石綿含有セメント管

(3)押出成形品

-

 

事前調査の実施について

  • 建物の解体や改修工事を行うときは、石綿(アスベスト)を含む建材が使用されているかをあらかじめ調査しなければなりません。
  • 調査は、工事の規模や建築時期に関係なく、全ての建物で必要です。
  • 調査が義務付けられている者は、元請業者または自主施工者です。
  • 事前調査の詳細は、こちらをご覧ください。

事前調査結果の報告について

  • 令和4年4月1日以降に着手される工事について、工事開始前までに、調査結果を島根県(松江市域は松江市)に報告する必要があります。
  • 報告が義務付けられている者は、元請業者または自主施工者です。
  • 報告制度の詳細は、こちらをご覧ください。

作業基準について

事前の届出について

  • 吹付け石綿、石綿含有断熱材・保温材・耐火被覆材に係る作業については、作業を実施する14日前までに島根県(松江市域は松江市)に届出をしなければなりません。
  • 届出者:発注者又は自主施工者
  • 様式:特定粉じん排出等作業実施届出書(届出書様式については、こちらをご覧ください。)
  • 届出先:作業を実施する地域を管轄する保健所(管轄保健所についてはこちらをご覧ください。)
  • 提出部数:2部

お問い合わせ先

環境政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:(0852)22-6379 FAX:(0852)25-3830
E-mail:kankyo@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る