• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県ドクターヘリ

 島根県は、県民の皆様の「安全」、「安心」な暮らしの実現を目指し、平成23年6月13日から医師、看護師が搭乗する医療専用ヘリコプター「ドクターヘリ」の運航を行っています。

 着陸した場所で治療を開始し、重症患者に早期に適切な医療を行う『現場救急』や、より高度の医療機関への患者の搬送を行う『転院搬送』により、救命率の向上や後遺症の軽減を目指した活動が展開されています。

 ドクターヘリは、かけがえのない命を救うため、救急現場と病院間の「命を繋ぐ架け橋」として、県内各地へ出動します。

  • 中央病院周辺を飛行中のドクターヘリ

 県立中央病院を飛行中のドクターヘリ

 臨時離着陸場で活動中

事故現場または病院付近のグラウンドなどの臨時離着陸場において、救急車から患者を引き継ぎ、ドクターヘリに収容します

 屋上から救命救急センターへ

県立中央病院屋上ヘリポートに着陸したドクターヘリから、患者を救命救急センターに受け入れます(左側奥が患者搬送用エレベータ)

島根県ドクターヘリの運航概要

島根県ドクターヘリの運航概要は以下のとおりです。

(1)基地病院は島根県立中央病院です。

(2)運航は、機体を含めてセントラルヘリコプターサービス株式会社に委託しています。

(3)運航範囲は、島根県全域です。

(4)運航時間は、原則として8時30分から17時15分の日中運航です。

 (なお、夜間については従来どおり防災ヘリによる緊急運航で対応。)

(5)救急現場に医師、看護師が乗って駆けつけ、現場で処置を行う『現場救急』と、病院間の『転院搬送』を実施します。

 現場救急における出動の流れの概要は、以下の図のとおりです。

 搬送パターン

 

運航実績

 

島根県ドクターヘリ運航要領

 ドクターヘリが基地病院である県立中央病院、消防機関、医療機関、関係機関の協力のもと、事業を安全かつ円滑で効果的に推進するための必要なルールを定める「島根県ドクターヘリ運航要領」です

 ○島根県ドクターヘリ運航要領(H29.4.1)

 ・目次

 ・本文

 ・別紙1(消防機関一覧)

 ・別紙2(ドクターヘリ要請基準)

 ・別紙3(搬送受入病院一覧)

 ・別紙4(ドクターヘリ運航時間表)

 ・別紙4(ドクターヘリ運航時間図)

 ・別紙5(ドクターヘリと県防災ヘリの役割分担・連携)

 ・別紙6(島根県ドクターヘリ運航調整委員会設置要綱)

 

臨時離着陸場(ランデブーポイント)

 ドクターヘリは、臨時離着陸場として、学校のグラウンドや公園などを設定しています。

 ドクターヘリの離着陸に伴い、周辺では騒音や強風が発生します。消防職員の指示に従い、ヘリの安全運航に御理解と御協力をお願いします。

 ・臨時離着陸場一覧表(H30.11.1現在)

 

 搬送受入病院

 県内19病院、県外13病院をドクターヘリの搬送受入病院としています。

 ・搬送受入病院(H25.5.20現在)

 


お問い合わせ先

医療政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県健康福祉部 医療政策課
TEL0852-22-6698(医事グループ)
   0852-22-6277(看護職員確保グループ)
   0852-22-6276(地域医療支援第一グループ)
  0852-22-6629(地域医療支援第二グループ)
   0852-22-5251(医師確保対策室)
FAX0852-22-6040
iryou@pref.shimane.lg.jp