• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県スポーツ推進委員協議会

スポーツ推進委員とは

 スポーツ推進委員は、スポーツ基本法に基づき市町村から委嘱を受けて活動する非常勤公務員です。住民にスポーツの楽しさを伝えたり、健康増進や体力向上のための指導・助言をしたり、豊かなスポーツライフ実現のために505名が日々活動しています。(R4年度)


 スポーツ基本法第32条には、スポーツ推進委員の役割について「スポーツ推進委員は、当該市町村におけるスポーツの推進のため、教育委員会規則(特定地方公共団体にあっては、地方公共団体の規則)の定めるところにより、スポーツの推進のための事業の実施に係る連絡調整並びに住民に対するスポーツの実技の指導その他スポーツに関する指導及び助言を行うものとする。」と示されています。

 現在、スポーツ推進委員は、従来からのスポーツ実技の指導や助言のみならず、地域スポーツの推進役として地域と行政の調整役(コーディネーター)としての役割が求められるようになっています。


【職務】

 ・住民に対するスポーツの実技指導

 ・住民のスポーツ活動促進のための組織の育成

 ・市町村主催のイベントや地域の行事に関する協力

 ・住民へのスポーツ活動の普及啓発

 ・スポーツ推進のための事業実施に係る連絡や調整

 ・住民のスポーツ推進のための指導及び助言を行うこと

写真1 写真2 写真3

事務局からのお知らせ

【年間予定】

・令和5年4月10日・・・・・・会計監査(松江市)

・令和5年5月1日・・・・・・・令和5年度第1回理事会(松江市)

・令和5年6月24日~25日・・・令和5年度中国地区スポーツ推進委員研修会(山口県)

・令和5年8月19日・・・・・・・島根県スポーツ推進委員研修会(益田市)

・令和5年11月16日~17日・・・全国スポーツ推進委員研究協議会(青森県)

 

第61回島根県スポーツ推進委員研修会兼第24回島根県女性委員研修会

島根県内の125名のスポーツ推進委員が一堂に会し、実技研修を行い、推進委員としての資質の向上と相互の連携を深めました。

■主催:(公社)全国スポーツ推進委員連合、島根県、島根県スポーツ推進委員協議会

■後援:益田市、津和野町、吉賀町、益田市教育委員会、津和野町教育委員会、吉賀町教育委員会

■主管:益田地区スポーツ推進委員協議会

■期日:令和5年8月19日(土)

■会場:益田市民体育館

■内容

〇アトラクション:プレシャス(益田市発アイドルグループ)

〇開会行事

〇表彰式:県功労者表彰20名、県永年勤続表彰14名

〇準備運動体験

・レクリエーション:波田篤男氏(益田市レクリエーション協会)

・フィットネス:森下純氏(一般社団法人高津川てらす)

・ヨガ:齋藤康與氏(MYSブライトネススタジオ)

 

・チェアピクス:金折ゆき子氏他5名(県女性委員会)

〇バウンスボール体験:梅木俊朗氏他6名(鳥取県西部バウンスボール協会)

〇閉会行事

準備運動体験コーナーでは、複数のコーナーを体験する場を設定し、参加者にとって気軽に楽しめる新たな運動との出会いがありました。実技体験研修では、子どもから高齢者まで気軽に楽しめる、鳥取県発祥のバウンスボールを実際に体験しました。久しぶりに集合型の研修のよさを感じつつ、それぞれの地域における社会体育の振興や調整など、スポーツ推進委員としての役割を再認識するとともに、委員相互の連携を図るよい機会となりました。

 

表彰式 準備運動 バウンズボール

各地区(活動)情報

令和5年度雲南市スポーツ推進委員協議会委員研修

 

雲南市スポーツ推進委員協議会では、令和5年度に独自の委員研修を2回行ないました。

 

第1回委員研修として、令和5年8月3日(木)に三刀屋文化体育館で軽スポーツの体験会を開催しました。22名の委員が参加し、トリコロキューブ、輪投げ、キャッチング・ザ・スティック等のルール確認や実践を行ないました。

トリコロキューブ 輪投げ キャチングザスティック

 

第2回委員研修としては、令和6年3月9日(土)に雲南消防本部で普通救命講習を受講しました。19名の委員が参加し、胸骨圧迫による心肺蘇生法とAEDの使用方法について学びました。

全体説明