• 背景色 
  • 文字サイズ 

立久恵峡で見られる鳥類


オオルリ
オオルリの写真体長16.5cmくらいの夏鳥です。雄は背や頭部がルリ色で、のどから胸にかけては黒く、腹以下は白いのでよく目立ちます。さえずりはピールリ、ポピーリ、ピーリ、ピースなどと比較的ゆるやかなテンポで続けて鳴きます。キビタキとよく似た音色ですが、オオルリは歌の中に必ずギギッ、ジジッなどの濁音を入れるので聞き分けることができるでしょう。

  

  

  



カワガラス
体色からこの名前で呼ばれていますが、カラスの仲間ではありません。この鳥は流れの岩の上に現れたかと思うと急に姿を消し、しばらくして少し離れた岩の上に顔を出すといった不思議な鳥です。これはカワガラスが水中にもぐって小魚や水生昆虫を食べているため。足やつばさを巧みに使って水中を走り回ってエサをとらえます。カワガラスの巣は、川の流れや滝の裏側にコケなどを集めて作ります。



キセキレイ
キセキレイの写真カワラスズメとも呼ばれ、河岸や民家のまわりで繁殖します。水上を飛ぶ昆虫や水中の昆虫の幼虫などを主食にしていて、川と密接なかかわりを持った生活をしています。

  

 

 

  



キツツキのなかま
アカゲラの写真自然林の中を歩いていると、キツツキが木をつついている音が聞こえることがあります。自然林の中はエサや繁殖に使われる枯木が多いため、たくさんのキツツキが生息しています。島根の自然林では、コゲラ、アオゲラ、オオアカゲラ、アカゲラなどが見られます。

 

 

 

 

 

アカゲラ



コゲラ
キツツキの仲間。スギなどの枯木をつつくことで、中に棲むアリなどを追い出して食べたり、産卵のために4〜5cmの丸い穴をあけます。木をつつくときは、連続的に大きな音を出しますが、これを「ドラミング」と呼んでいます。



サンコウチョウ
サンコウチョウの写真スズメと同じくらいの大きさで、尾が非常に長く、目のまわりが青いことが特徴です。とても澄んだ声で鳴き、その鳴き声がツキ(月)、ヒー(日)、ホシ(星)、ホイホイホイと聞こえることから、サンコウチョウ(三光鳥)と名づけられたといわれています。好奇心が強い鳥で、口笛で鳴き声の物まねをすると近くまで飛んでくることがあります。

  

  



セグロセキレイ
セグロセキレイの写真カワラスズメとも呼ばれ、河岸や民家のまわりで繁殖します。水上を飛ぶ昆虫や水中の昆虫の幼虫などを主食にしていて、川と密接なかかわりを持った生活をしています。

  

  

  

  



ヤマセミ
ヤマセミの写真ハトぐらいの大きさのカワセミ科の鳥。黒白2色の横島模様で、頭部に大きな冠毛をつけています。川魚をエサとして、よどみのまわりの高い木や石の上で魚を待ち、魚が水面に現れると急降下してくちばしでつかまえます。ヤマセミがいつもとまる木や石の上には、この鳥が吐き出した魚の骨などのかたまり(ペリット)が落ちていることがあります。ヤマセミはキャラ、キャラと鋭い声で鳴くので、すぐに分かるでしょう。巣は山の斜面の粘土層に1m以上の深い横穴を掘って作ります。

  

  

    


    


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp(代表)
      shizen-koen@pref.shimane.lg.jp(自然公園許認可担当)