流出水対策について

 農地・市街地等から河川等を通じて、湖に流入する汚れた水(生活排水や事業場排水を除く)を流出水といいます。農薬や化学肥料等を含んだ水田・畑からの排水や、道路・側溝などから流れ込む水などが該当します。

 島根県では、宍道湖・中海の水質を改善し保全するため、化学肥料の減肥や排水路の泥上げ(農業地域対策)、道路路面・側溝等の清掃(市街地対策)や河床の掘削・堤防の除草・河川内の藻刈り(河川等浄化対策)などの流出水対策を実施しています。また、宍道湖において忌部川・山居川流域を、中海において米子湾流域を流出水対策地区に指定し、各種対策を重点的に実施しています。

流出水対策地区の取組事例
  • 忌部川・山居川流域

忌部地区流出水対策協議会

乃木地区流出水対策協議会

  • 米子湾流域

島田地区中海流出水対策協議会

啓発用チラシ

流出水対策に係る啓発用に作成しました。学校・地域等での環境学習・イベント等にご活用ください

お問い合わせ先

環境政策課宍道湖・中海対策推進室

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-6445
企業広告
ページの先頭へ戻る