しまねの伝統工芸

しまねブランド推進課しまねの「ものづくり」の心意気

 

◆経済産業大臣指定伝統的工芸品

 昭和49年5月25日に公布された「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づき、経済産業大臣が指定するものです。
平成26年11月末現在、指定を受けている伝統工芸品は全国で219品目あり、島根県では4品目(出雲石灯ろう雲州そろばん石州和紙石見焼)が指定を受けています。

■指定要件について


「工芸品」(定義:熟練した技を必要とする工作物であって、芸術的要素を備えるもの)で、かつ次の(1)から(5)の要件を満たしている必要があります。

 

 

 

(1)主として日常生活の用に供されるもの

 冠婚葬祭や節句など一生あるいは年に数回の行事でも、日本人の生活に密着し、一般家庭において行われる場合は、「日常生活の範囲」と考えます。人形、置物なども、普通の家庭にあって安らぎを潤いをもたらすところから「日常生活の用に供される」に含まれますが、美術工芸品は含まれません。

(2)製造過程の主要部分が手工業的であること

 製品の持ち味に大きな影響を与える部分を、手作業で製造していることをいいます。

(3)伝統的技術または技法によって製造されるもの
 原則として、当該工芸品を製造する技術または技法が100年以上の歴史を有していることが必要です。
(4)伝統的に使用されてきた原材料であること
 原則として、原材料も100年以上の歴史を有し、天然のものとします。現実にはすでに枯渇したり入手困難なものは、持ち味を変えない範囲で同種材料へ変えることもあります。
(5)一定の地域で産地を形成していること
 一定の地域で、少なくない者(原則として10企業以上、30人以上の従事者)がその製造を行い、携わっていることをいいます。

お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る