島根県水産技術センターだより

20号からはPDFファイル形式で内容をダウンロードできます。


GETAcrobatReader(外部サイト)(PDFファイルを見るためにはAdobeAcrobatReaderが必要です。)

*執筆者の所属は当時のものです。

最新号42(17)号(令和4年5月16日発行)

・巻頭言(所長挨拶)

・新規研究課題の紹介

沿岸域等の未利用資源を活用した加工技術の開発

AI技術を用いた藻場モニタリング調査と沿岸有用水産生物の増養殖技術開発

汽水域有用水産資源調査

・研究成果の紹介

水産利用加工総合調査

次世代型底びき網プロジェクト~沖合底びき網漁業(2そうびき・沖底)の持続的発展を目指して~

アユ資源回復支援モニタリング調査

・話題

鳥取大学の学位授与

『水産海洋研究』論文賞を受賞

日本水産学会シンポジウムで発表

島根県立大学で講義を担当

・令和4年度主要研究課題

 

本文はこちら(PDF:1,469KB)

 

 

バックナンバー

バックナンバー(20号から30号)はこちらからどうぞ

 

 

31(6)号(平成23年6月2日発行)

(1.8MB)

  1. 巻頭言(所長)
  2. 研究成果情報

 (1)中海におけるサルボウガイ増殖の取り組み(浅海グループ)

 (2)宍道湖におけるヤマトシジミの資源量調査(内水面グループ)

 (3)ばいかご漁業の復活に向けて(海洋資源グループ)

 (4)イワガキ人工種苗の安定的な生産をめざして(栽培漁業グループ)

 (5)サワラ脂質含量の非破壊測定技術の確立(利用化学グループ)

3.話題

 種苗生産業務の外部委託に伴う移転状況(栽培漁業グループ)

4.平成23年度主要事業一覧

32(7)号(平成24年6月8日発行)

(1.69MB)

1.〜少し早い追憶〜(所長)

2.研究成果情報

 (1)宍道湖におけるヤマトシジミ浮遊幼生の出現動向と天然採苗について(内水面グループ)

 (2)サワラ若齢魚の有効利用に関する研究(利用化学グループ)

 (3)小型ズワイガニ混獲防止を目的とした小型底びき網選択漁具の開発(海洋資源グループ)

 (4)イワガキ種苗生産における飼育作業の省力化の試み(栽培漁業グループ)

 (5)隠岐のイワガキ天然採苗技術の開発について(浅海グループ)

3.新規課題の紹介

 (1)食用小型藻類の養殖技術開発試験(浅海グループ)

 (2)沖合底びき網漁業における省エネ・省力・省人化漁具の開発(海洋資源グループ)

 (3)「宍道湖・中海再生プロジェクト」の開始について(内水面グループ)

4.平成24年度研究課題一覧

33(8)号(平成25年6月27日発行)

(1.76MB)

1.〜巻頭言〜(所長)

2.研究成果情報

(1)宍道湖で大繁茂している水草について(内水面科)

(2)中海におけるサルボウガイの増養殖の取り組み(浅海科)

(3)近赤外分光法による漁獲物の品質測定技術の開発(利用化学科)

(4)「売れる商品づくり」の取組を支援しました(利用化学科)

(5)隠岐のイワガキ天然採苗技術の開発について(浅海グループ)

3.新規課題の紹介

(1)基幹漁業漁獲物の高鮮度化と高品質な売れる商品づくり技術の開発(利用化学科)

(2)江の川における天然アユ再生による資源回復手法の開発(海洋資源科)

4.話題

(1)機動的禁漁区設定による底びき網漁業の管理システムe-MPAの開発(海洋資源科)

(2)第2回江の川の天然アユを増やすためのシンポジウムの開催(海洋資源科、内水面科)

5.平成25年度研究課題一覧

34(9)号(平成26年6月11日発行)

(2.1MB)

・〜巻頭言〜(所長)

・研究成果情報

(1)宍道湖におけるヤマトシジミの資源動向について(内水面科)

(2)軟質素材を用いたイワガキの採苗試験(栽培漁業科)

(3)アカアマダイの種苗生産技術の開発と試験放流の取り組み(浅海科)

(4)浜田産カレイ類の体成分分析結果(利用化学科)

(5)沖合底びき網漁業の挑戦〜省エネ・省力化の取り組み〜(海洋資源科)

・新規課題の紹介

藻場分布状況モニタリング調査(浅海科)

・話題

平成25年度宍道湖保全再生協議会報告会が開催されました(内水面科)

・平成26年度研究課題一覧

35(10)号(平成27年9月9日発行)

(2.3MB)

・〜巻頭言〜(所長)

・新規研究課題の紹介

 (1)まき網漁獲物における非食用向けアジ、サバ類若齢魚の高品質食品化技術の開発(利用化学科)

 (2)ワカメのベビーリーフとハバノリの海面養殖技術開発と特産化研究(浅海科)

・話題

 (1)新規採用職員の紹介

 (2)栽培漁業科の廃止

・平成27年度研究課題一覧

36(11)号(平成28年6月9日発行)

(PDF,1.8MB)

・巻頭言(所長着任挨拶)

・新規研究課題の紹介

(1)沖合底びき網漁業における省エネ省力省人化漁具の開発II
(2)宍道湖有用水産動物モニタリング調査

・話題新規採用職員の紹介

・平成28年度研究課題一覧

 

37(12)号(平成29年6月6日発行)

・巻頭言(所長挨拶)

・新規研究課題の紹介アカアマダイ資源管理対策モニタリング調査

「見える化」技術を活用したしまねの水産物品質証明技術開発事業

江の川における天然アユ再生による資源回復手法の開発-II

・話題

漁海況・研究成果発表会の開催

新規採用職員の紹介

・平成29年度研究課題一覧

 

本文はこちら(PDF,1660KB)

38(13)号(平成30年6月4日発行)

・巻頭言(所長挨拶)

・新規研究課題の紹介

次世代型底びき網漁業プロジェクト

宍道湖生態系モデルの漁業管理への活用

・話題

宍道湖・中海・神西湖関連調査報告会

新規採用職員の紹介

・平成30年度研究課題一覧

 

本文はこちら(PDF,1162KB)

39(14)号(令和元年6月17日発行)

・巻頭言(所長挨拶)

・新規研究課題の紹介

操業情報を活用した底びき網漁業資源管理プロジェクト

シラウオ資源予測手法の開発

その他の新規事業

・話題

漁業試験船「島根丸」の活動

新任職員の紹介

・令和元年度主要研究課題

 

本文はこちら(PDF:1,353KB)

40(15)号(令和2年6月19日発行)

・巻頭言(所長挨拶)

・新規研究課題の紹介

沿岸域の有用な磯根資源の増殖技術の開発

・話題

アカアマダイ資源管理対策モニタリング調査

新任職員の自己紹介

・令和2年度主要研究課題

 

本文はこちら(PDF:1,596KB)

41(16)号(令和3年5月10日)

・巻頭言(所長挨拶)

・新規研究課題の紹介

定置漁業の持続的発展支援プロジェクト

重要磯根資源(サザエ、アワビ)の資源管理適正化事業

沿岸自営漁業者の所得向上プロジェクト

ICTを利用した漁業技術開発事業(スマート沿岸漁業推進事業)

・話題

新任職員の自己紹介

・令和3年度主要研究課題

 

本文はこちら(PDF:1,743KB)

お問い合わせ先

水産技術センター

島根県水産技術センター(代表)
〒697-0051 浜田市瀬戸ヶ島町 25-1
TEL.0855-22-1720 FAX.0855-23-2079 E-Mail: suigi@pref.shimane.lg.jp

企業広告
ページの先頭へ戻る