• 背景色 
  • 文字サイズ 



シクラメンの若手生産者の相互研鑽で技術改善に成果

 出雲地域は、県内で最大のシクラメン産地であり、40代以下の若手生産者や後継者が多いことから、農業技術センター技術普及部と連携し、篤農家の技術継承と生産者同志での研鑽を目的として、平成29年から意欲的な若手生産者を対象に勉強会を開催しています。

 今年度は、7名が参加し、「根づくり」をテーマに、月に1回(合計8回)、全戸のほ場を全員で巡回し、意見交換を行う形で行いました。他の生産者のほ場や管理方法を確認し、お互いにアドバイスをしあうことで、各自がシクラメンの生育状況や管理を見直すことに繋がり、目標とするシクラメンの草姿(株サイズ、葉枚数等)に近づいてきました。

 このことにより、他県では開花遅延する産地があるなか、計画どおり11月上中旬からの出荷となり、出荷数量は病気の発生等によりやや減少したものの、単価は前年並みか上回った生産者が多く、市場からも信頼できる産地として高い評価を得ることができました。

 一方で、テーマとしていた「根づくり」については、根量は確保できてきているものの、確保した根をいかに傷めないかという点が課題となりました。

 令和2年産へ向けては、目標とする草姿への仕上げと機能する根の確保を目標として、各生産者が用土やかん水・肥培管理等を見直し、お互いの取り組みについて情報交換していくこととしています。

 農業普及部としても、シクラメン生産の安定化と担い手の育成を図るため、農業技術センター技術普及部と連携し、今後も「シクラメン勉強会」の活動を支援していきたいと考えています。

巡回の様子

 【会員間での圃場巡回の様子】

根の状況確認

 【巡回時に根の状況を確認】






お問い合わせ先

東部農林振興センター

島根県東部農林振興センター 
  〒690-0011 島根県松江市東津田町1741-1
  TEL: 0852-32-5638/FAX: 0852-32-5643
  e-mail: tobu-noshin@pref.shimane.lg.jp

 ****************************************
  松江農業普及部安来支所(島根県安来市穂日島町303)
  松江家畜衛生部(島根県松江市東出雲町錦浜474-2)
  出雲家畜衛生部(島根県出雲市神西沖町918-4)
  雲南事務所(島根県雲南市木次町里方531-1)
  出雲事務所(島根県出雲市大津町1139)