B型及びC型ウイルス性肝炎治療に係る医療費助成制度

 国内最大の感染症であるB型及びC型ウィルス性肝炎は、インターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療によって、その後の肝硬変、肝がんといった重篤な病態を防ぐことが可能ですが、治療に係る医療費が高額となるため、早期治療の推進の妨げとなっています。

 そこで患者の医療機関へのアクセスを改善し、早期治療を促進するため、

 

・平成20年4月からB型及びC型肝炎ウィルスの除去を目的として行うインターフェロン治療に対して、医療費の助成制度が始まりました。

・平成22年4月からは、B型肝炎に対する核酸アナログ製剤治療が助成対象に追加されました。

 

 対象となる方、助成対象医療、事業実施期間、助成を受けられる期間、受給者証の交付申請等については島根県のホームページ「肝炎治療医療費助成制度について」をご覧ください。

 

県のホームページへリンクhttps://www.pref.shimane.lg.jp/life/kenko/kenko/ekibyo/

 

 

 このページに関するお問い合わせは益田保健所医事難病支援課まで

TEL:0856(31)9548、9549

お問い合わせ先

益田保健所

〒698-0007 島根県益田市昭和町13-1
TEL0856-31-9535(夜間・休日0856-31-9500)
FAX0856-31-9568
masuda-hc@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る