• 背景色 
  • 文字サイズ 
前月2020年1月次月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311

ページ一覧

1月8日のトピックス(県庁仕事始式)

県庁仕事始式を行いました

【県庁講堂】

訓示する知事のようす

〔写真〕訓示する知事

 

 新年を迎え、県庁の仕事始式が行われました。

 今年の仕事始式は、働き方改革の一環で年明けの業務開始日から2日ずらして実施。

 知事は、出席した職員に対し、「人口減少対策を盛り込んだ『島根創生計画』が最大限の効果を発揮するものとなるよう、全力を尽くてほしい」と訓示。

 また知事は、1月15日から東京で開催される特別展「出雲と大和」や、4月の日比谷しまね館の開館、大田市で5月に開催される全国植樹祭など今年開催されるイベントに触れ「この機会に、島根県の歴史文化や暮らしのすばらしさを全国の皆さんに知っていただきたい」と述べました。


2020年1月8日

12月25日のトピックス(「ディスカバー農山漁村の宝」受賞報告ほか)

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」グランプリ受賞者が訪問されました

【知事室】

 中島代表取締役

〔写真〕商品を紹介する中島代表取締役

 

 みなさんと

〔写真〕みなさんと

 

 第6回「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」で最高賞のグランプリを受賞した株式会社魚の屋(大田市)のみなさんが訪問され、知事に受賞を報告されました。この賞は、農山漁村のポテンシャルを生かした地域活性化の成功事例を農林水産省が選定して表彰するもので、県内からのグランプリ受賞は今回が初めて。県産の天然わかめを商品化して漁業者の所得を向上させたことや、加工場で新たな雇用を生み出し地域振興に貢献していることなどが評価され、受賞につながりました。

 中島勝徳代表取締役は「島根には宝がたくさん眠っています。今後もわかめを中心にしつつ、島根県産の農産品を使った商品も作っていきたい」と話され、知事は「受賞おめでとうございます。県産品の利用拡大に貢献していただき、ありがとうございます」と述べました。

 

言葉や文化の垣根を越えて、心を一つに!~GOTO☆ワンハート~

【県庁301会議室】

  中島代表取締役

〔写真〕山藤美之代表(右から2人目)

 

 この日知事室を訪問されたのは、江津市で外国人と地域住民との交流に取り組む「GOTO(ごうつ)☆ワンハート」の山藤美之代表。その取り組みが過疎地域の活性化にもつながるものと評価され、このたび全国表彰を受賞されたことから、知事にその報告と日ごろの活動のようすなどを紹介されました。

 

「いま江津に多いのは、ベトナムからの技能実習生です。みんな日本語の簡単な会話はできるので、もっと地域と交流できるようになればと思い、日本語交流クラブの活動を行っています」と山藤代表。地域イベントでベトナムの料理を振る舞ったところ地域住民に大好評だったそうで、知事は「外国の方に地域コミュニティの一員になっていただくのは大切なこと。こういった取り組みを少しずつ進めていかなければいけませんね」と話しました。

 

 


2019年12月25日

12月24日のトピックス(島根県青少年芸術文化表彰)

「島根県青少年芸術文化表彰」表彰式

【知事室】

みなさんと

〔写真〕みなさんと

懇談のようす

〔写真〕懇談のようす

 

 芸術文化分野の全国大会等で優秀な成績を収めた、県立出雲高等学校2年の片岡柾人さん、出雲市立第三中学校合唱部、出雲市立浜山中学校放送部の皆さんを表彰しました。

 出雲市立浜山中学校放送部は男女共同参画をテーマにしたラジオ番組「身近なところから世界を変えていくには」を制作。監督を務めた同校2年の大塚正史さんが、「最初は『どうして近年の生徒会長は男子ばかりなんだろう』というふとした疑問から始まったんです」と話すと、知事は「島根県知事もこれまで男性ばかりでしたね」と話しました。

 最後に知事から受賞者の皆さんに、「皆さんの活躍は他の若い人たちのお手本となり、県内の芸術文化の底上げに繋がるものと思います。皆さんの今後の活躍に大いに期待します」と激励しました。

 

(受賞者)

・出雲市立第三中学校合唱部(部長:古志茉莉名さん(3年))

 第72回全日本合唱コンクール全国大中学校部門混声合唱の金賞
・出雲市立浜山中学校放送部(監督:大塚正史さん(2年)、助監督:加田祐さん(2年))

 第36回NHK杯全国中学校放送コンテスラジオ番組部優秀賞
・島根県立出雲高等学校2片岡柾人さん

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」

 自然科学部門:ポスター(パネル)発表文部科学大臣賞


2019年12月24日

12月23日のトピックス(島根県ふるさと伝統工芸品指定書交付式ほか)

島根県ふるさと伝統工芸品指定書交付式及び技術後継者表彰式

【知事室】

記念撮影(みなさんと)

〔写真〕(左から)村上勇島根県ふるさと伝統工芸品振興委員会会長、川平勇雄さん、那須久司飯南町注連縄企業組合専務理事、渡辺真奈美さん

 

 「島根県ふるさと伝統工芸品」指定書交付式及び「技術後継者表彰式」を行いました。

 島根県ふるさと伝統工芸品には、浜田市で長浜人形を製造している渡辺真奈美さん、「飯南のしめ縄」を製造している飯南町注連縄企業組合を新規指定。技術後継者表彰では石州半紙・石州和紙を製造する川平勇雄さんを表彰しました。

 飯南町注連縄企業組合の那須さんは「年間を通して全国から受注しているほか、国内だけでなく来年はスイスにも輸出する予定。小さいしめ縄もお土産品として観光客に好評です」と話されました。

 

「東出雲のまる畑干し柿」が島根県で初めて地理的表示(GI)に登録

【知事室】

試食のようす

〔写真〕試食する知事

 

みなさんと記念撮影

〔写真〕みなさんと

 

 地理的表示(GI)とは、その名称から産地・品質・社会的評価等を特定できるもので、知的財産のひとつとして法律上保護されるものです。

 このたび、「東出雲のまる畑ほし柿」が島根県で初めて地理的表示(GI)に登録され、その報告に畑ほし柿生産組合の皆さんが知事室を訪問されました。

 森廣紀元副組合長は「まる畑ほし柿は、美肌に効くビタミンAが普通より多く含まれているんです」と話され、知事は「美肌観光を打ち出している島根にとって絶好の産品ですね」と述べました。

 干し柿を試食した知事は、「甘くて美味しいですね。干し柿は自然と人の手が作った最上級の和菓子だと思います。これからも後継者をしっかり育てていただいて、末永く頑張ってください」と激励しました。

 

 ※地理的表示(GI)については、農林水産省HP「地理的表示(GI)保護制度」(外部サイト)をご参照ください。

 

消防団員募集カレンダーが贈呈されました

【知事室】

 贈呈のようs

〔写真〕カレンダーについて説明する松浦会長

 

 懇談のようす

〔写真〕懇談のようす

 

 島根県消防協会の松浦嘉昭会長が訪問され、知事に「2020消防団員募集カレンダー」を贈呈されました。

 カレンダーのデザインには島根県消防協会写真コンテストの優秀賞受賞作品が使用されており、松浦会長は「今年は明るいポスターができた」と話されました。

 知事は「消防団は、地域社会で年代を超えた付き合いができる貴重な組織。若い人にぜひ入ってもらいたい」と述べました。

 


2019年12月23日

12月20日のトピックス(島根県立大学BBSサークルが訪問)

島根県立大学BBSサークルが訪問

【県庁301会議室】

 

知事との懇談のようす

〔写真〕懇談のようす

 

 島根県立大学のBBSサークルが「未来を作る若者・オブ・ザ・イヤー(内閣府特命担当大臣表彰)」を受賞され、知事に報告されました。

 BBS(BigBrothersandSistersMovement)会とは、非行少年など様々な立場の少年に「兄」や「姉」のような立場で接し、一緒に悩み、学び、楽しむことを通じて少年の立ち直りや自立を支援するとともに非行防止活動を行う青年ボランティア団体です。

 BBSサークルの伏見空翠さんは「活動の中で子どもたちが悩みを話してくれたときなどに、寄り添える存在になれていると実感でき、やりがいを感じます」と話されました。

 知事は、「若い皆さんが活躍されており嬉しいですね。引き続き頑張ってください」と述べました。


2019年12月20日



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp