• 背景色 
  • 文字サイズ 

市町村で行われる成人歯科健診を受けましょう

 

島根県内の市町村ではむし歯や歯周病を早期発見するため、成人歯科健診を行っています。事業所で働いている人も受けることができることもできすので、お住まいの市町村の成人歯科健診の内容をチェックして、積極的に健診を受けましょう。

健診の実施予定等詳しくは、お住まいの市町村へお尋ねください。

 

1.働き盛りの歯や口腔の状況

○抜歯の原因となった歯の病気について、最も多かったのが「歯周病」42%、次いで「むし歯」32%、「歯の破折」11%でした。(公益財団法人8020推進財団調査)

○市町村の成人歯科健診を受けた県民約5,000人の歯周病の状況は、29歳以下、30歳代では40%以上に歯石が認められ、40歳代から歯周病になっている者の割合が増えており、40歳代45.8%、50歳代54.0%でした。(「島根県市町村歯科保健評価表」より)

平成26年度年代別歯周病の有病状況表

 

2.歯石に要注意

 

歯石は唾液のカルシウムやリンなどのミネラル分に歯の汚れや血液などがくっついて固まった石です。若い30歳代でも40%以上に歯石が認められます。

歯石は歯周病の原因菌のすみかとなり、歯周病を悪化させます。歯石は歯肉の上の目に見える部分だけでなく、歯肉の中に隠れた部分にも付着しています。歯科健診を受け、歯石がついていなかをチェックしてもらいましょう。

また、歯石は自然にとれることはなく、少しずつ大きくなっていきます。歯石が小さい時に歯科健診でみつけてもらい、歯科医院でとってもらいましょう。(歯石を自分で器具でとることは大変危険ですので、必ず歯科医院で歯科医師、歯科衛生士にとってもらいましょう。)

 

 前歯の裏についた歯歯科医院で歯石をとってもらった直歯磨き指導も受けて歯肉がきれいに

前歯の裏についた歯石(写真)歯石をとった直後の状態(写真)歯みがき指導後改善した歯肉の様子(写真)

 

 

歯肉の下でも歯石が歯根にこびりついてい歯石をとるときれいな歯根があらわれる

 歯肉に隠れている歯石(写真)歯肉の下の歯石をとった後(写真)

 

(写真は島根県歯科医師会提供)

 

3.歯を残すことの重要性〜歯の数が多いと医療費が少ない!

 

65歳以上の人を対象に、歯の数と医科と歯科の1か月の医療費の関係を調べたところ、歯の数が少ないほど医科の医療費が高く、歯の数0〜4本の人は20本以上の人と比較して、医科医療費が約1万円高いことがわかりました。(香川県調査)

働き盛りのときから歯周病を予防し、多くの歯を残すことで医療費を少なくすることができます。歯周病の早期発見・早期治療のため、歯科健診を受けましょう

 

歯の数と医療費の関係グラフ

 

 

 


お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、肝炎医療費助成、ハンセン病対策、調理師・栄養士免許など)0852-22-5329
・難病支援グループ(特定疾患、小児慢性特定疾患など)0852-22-5267
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・子育て包括支援スタッフ(母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・医療保険第1グループ(国民健康保険)0852-22-5268
・医療保険第2グループ(保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5624
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp