• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県の周産期医療体制

周産期医療とは

 周産期医療とは、妊娠満22週から生後1週未満までの期間をいいます。この期間は、母子ともに異常を生じやすく、突発的な緊急事態に備えて、産科・小児科双方からの一貫した総合的な医療体制が必要であることから、特に周産期医療と表現されています。

島根県の周産期をとりまく状況

 

■出生率

 島根県では、昭和35年には約14,000人の子どもが生まれていましたが、令和元年には4,594人まで減少しています。

 出生数、出生率は全国の推移の状況と同様に減少しており、令和元年の出生率は6.9(全国値7.0)でした。

 合計特殊出生率は、全国より高い値で推移しており令和2年は1.69(全国値1.34)で全国2位でした。

 出生率・・・人口1,000人に対する出生数の割合

 合計特殊出生率 ・・・15~49歳までの女子の年齢別出生率を合計したもの

1人の女子が仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子どもの数に相当

 

■低体重児出生割合

 出生時の体重が2,500グラム未満の赤ちゃんの出生割合は平成21年以降は1割を超える年が多く、令和元年は10.5%でした。

 

■周産期死亡率

 周産期の指標として、生まれてから7日以内の早期新生児死亡と満22週以降の死産を統計で使っています。

 島根県の平成29年から令和元年の平均は3.3(全国値3.4)でした。

 

周産期医療体制の充実(周産期医療ネットワーク)

 

 平成16年7月に島根県周産期医療協議会を設置し協議を重ねた結果、平成18年1月に島根県立中央病院を総合周産期母子医療センターに、平成18年4月には県東部における拠点として松江赤十字病院を、県西部における拠点として益田赤十字病院を地域周産期母子医療センターに指定しました。

 特定機能病院である島根大学医学部附属病院は平成27年9月に地域周産期母子医療センターとなりましたが、令和2年度に周産期医療体制の見直しを行い、令和3年4月に総合周産期母子医療センターに移行しました。

 周産期医療の中核となるこれら4病院と、地域の周産期医療施設との全県ネットワークにより、周産期医療の提供体制を構築しています。

 

■周産期医療体制の見直し

 ・島根大学医学部附属病院は「地域周産期母子医療センター」から「総合周産期母子医療センター」に移行する。(令和3年4月)

医療提供体制が整っている小児外科・小児心臓血管外科・眼科等と連携して、より高度な周産期医療を担う。

また、新生児科医師等の育成・確保の役割を担う。

 ・島根県立中央病院は「総合周産期母子医療センター」から「地域周産期母子医療センター」に移行する。

(令和3年度中・・移行時期は島根大学の運用状況による)

地域周産期母子医療センターとして高度な医療提供を担うとともに、家族に寄り添った切れ目ない体制として

院内助産システムや産後ケアの推進及び普及を進める。

 ・地域周産期母子医療センターである松江赤十字病院、益田赤十字病院を強化する。

 

■総合周産期母子医療センター

 県全域の周産期医療を担う拠点として、超未熟児や重症妊産婦に対する高度な医療を提供します。

 

■地域周産期母子医療センター

 県東部・西部における周産期医療の拠点として、比較的高度な医療を提供します。

 

島根県保健医療計画「周産期医療」

 

 周産期医療体制の整備を県全体の医療体制整備と連動したものとして推進するため、これまでの「島根県周産期医療体制整備計画」を「島根県保健医療計画」に包含しました。(平成30年4月策定)

 

 島根県保健医療計画「周産期医療」

 


お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、肝炎医療費助成、ハンセン病対策、調理師・栄養士免許など)0852-22-5329
・難病支援グループ(指定難病、小児慢性特定疾病など)0852-22-5267
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・子育て包括支援スタッフ(母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・医療保険グループ(国民健康保険、保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5270・5624
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp