• 背景色 
  • 文字サイズ 

介護予防・リハビリ

 

介護予防の推進

 高齢者の自立支援、介護予防は、介護保険法の理念の一つであり、有する能力に応じて自立した日常生活を送れるように支援することや、要介護状態等となることの予防または軽減もしくは悪化の防止に取り組むことが重量です。

 また、介護予防は、単に高齢者の運動機能や認知機能、栄養状態、口腔機能といった心身機能の維持・改善だけを目指すのではなく、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を促し、生活の質(QOL)を向上させることを目指して取り組むことが大切です。

 島根の介護予防の取組

 運動機能や認知機能等の低下を防ぐため、市町村等と連携し、住民主体の通いの場を充実させ、人と人のつながりを通じて、参加者や通いの場が拡大していくような地域づくりを推進しています。

 

■リハビリテーション専門職等との連携

 島根県リハビリテーション専門職協議会や病院等と協力して、平成29(2017)年度に、地域ケア会議や介護予防活動にリハビリテーション専門職を派遣する仕組みを構築しました。

 

リハビリテーション専門職による市町村支援

 

■食べる機能の向上支援
 はじめましょう!お口まめな体操!

 口腔機能だけでなく、全身の機能改善を目標にしたトレーニングについて、イラストで紹介しています。

 (協力:島根県歯科医師会、島根県歯科衛生士会、島根県栄養士会)

 

 〇パンフレット(PDF:1,274KB)お口まめな体操

 

 ■歯や口の困りごと窓口(島根県歯科医師会在宅歯科医療連携室)

 ⇒歯科の往診ホットライン

 

 食支援マニュアル

 島根県経口摂取支援協議会においては、病院・施設・地域で過ごす人々にとっての切れ目のない食支援のために「食支援マニュアル」や、お口のフレイル(虚弱)をチェックするパンフレット「いつまでもおいしく食べるために」が作成されました。

 ○食支援マニュアル(外部サイト)

 ○フレイルチェック(外部サイト)

 

 食べて叶える健康・長寿~低栄養でまめな毎日!

 毎日のバランスのとれた食事で低栄養状態を予防し、加齢とともに進行しがちな心身の活力(運動機能や認知機能等)低下、いわゆるフレイルの状態を予防、改善、遅延させ、健康・長寿をめざしましょう。

 

 ○パンフレット「食べて叶える健康・長寿」→食育サイト(島根県健康福祉部健康推進課)をご覧ください。

 食べて叶える健康・長寿(低栄養予防)

 

■島根県介護予防評価・支援委員会

 島根県では、平成18年度から「島根県介護予防評価・支援委員会」を設置し、県内市町村の介護予防事業がより効果的で魅力的なものになるよう、市町村向けの研修やマニュアル作成などを実施しています。

 しまねの介護予防(平成18年度〜平成23年度)

 平成18年度から23年度までの県の介護予防に関わる取組状況は、次の冊子にとりまとめています。

しまねの介護予防(平成24年3月作成)

 関連団体(リンク)

 その他介護予防マニュアル等

 島根県介護予防評価・支援委員会では、市町村の介護予防事業やリハビリテーションの取組みを支援するためのパンフレット等を作成しています。

 こうしたプログラム・パンフレットの内容は、介護サービス事業所の方も参考になると考えています。

 ■島根県介護予防事業支援マニュアル<実践モデルプログラム>

 市町村の介護予防事業(運動器機能向上・口腔機能向上・栄養改善)の参考として、「実践モデルプログラム」などを掲載しています。

島根県介護予防事業支援マニュアル<実践モデルプログラム>(平成26年3月改訂)

 ■自立を促す生活介護の手引き

高齢者の方の自立(自律)を促す介護の考え方を紹介し、実践のヒントとなるように作成したパンフレットです。

自立を促す生活介護の手引き

 

 

 ■在宅生活療養ノート(平成18年度)

 在宅生活療養ノートは、ご本人やご家族の希望をもとに「リハビリテーションプラン」を作成し、これをもとにかかりつけ医をはじめとする介護保険サービス事業者が十分な連携を図りながら、より満足感のある生活をお送りいただけるよう支援するために作成したものです。

 

在宅生活療養ノート(平成18年度)

 

国の介護予防の取組み

 厚生労働省のホームページにも、介護予防マニュアルなど、介護予防の取組みに関する情報が掲載されています。

 →厚生労働省|介護予防(外部サイト)


お問い合わせ先

高齢者福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5111(代)
FAX:0852-22-5238
kourei@pref.shimane.lg.jp