• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねイクボスネットワーク加入企業の取組紹介

イクボスネットワークチラシ島根県では、職場における働き方改革に積極的に取り組み、従業員がいきいきと活躍できる職場を実現する「イクボス」の取組や精神が県内各地に広がることで、魅力ある企業を増やし、誰もが笑顔で暮らせる島根を実現することを目指しています。

 

自らも「イクボス宣言」を行い、「イクボス」の取組を県内全体に広めるという趣旨に賛同する企業の代表者等で構成する「しまねイクボスネットワーク」加入企業の取組について紹介します。

 

イクボスネットワーク加入についてはこちらから

 

 

有限会社パリティクラブ(代表取締雄也様)
イクボスとして取り組んでいる内容

・テレワーク制度、フレックスタイム制度、育児休暇・介護休暇、時間休暇といった働く人のライフスタイルに適した業務スタイルの確立

イクボス宣言のきっかけ

働く人の幸せを考えた時に、何をもって幸せと感じるか、また幸せと感じる瞬間や出来事は人それぞれ異なると感じました。

企業として、働く人の幸せを考えるのであれば会社のスタイルに人を当てはめるのではなく、働く人のスタイルの中に会社を当てはめ、仕事に対するやりがい・家族との大切な時間・プライベートの充実を図り幸せな人生づくりに寄り添うと考えました。lunch

イクボスから一言

人生は一度きりです。その人生の多くの時間を仲間と共に会社で過ごしていきます。

企業のリーダー・イクボスとして、働く人にとって最高な環境づくり、そしてすばらしい人間関係の構築に努め、働く社員さん、その家族、

そして関係するすべての人の「幸せな人生づくり」をテーマに全力で寄り添い、率先して実践しサポートしていきます。

人は幸せになる為に生まれてきています!

協和地建コンサルタント株式会社(代表取締役社昭和様
イクボスとして取り組んでいる内容

・対話型人材育成による心理的に安全・安心な職場づくり

・健康経営の実現に向けた就業規則や運用ルールの見直し

・社員と向き合う時間の創出(社員面談、意見交換など)

イクボス宣言のきっかけ

50歳となった節目に、次世代への事業継承に向けて自らを見つめ直すきっかけにしたいと思っていたところ、

ちょうど開催された「イクボスセミナー」を受講しました。

セミナーを受講し、社長自らが「イクボス」となることが今後の企業経営において大変重要であるという気づきを得ました。kyositu

島根県でもこの取り組みが進められているという事を知り、直ちに宣言させて頂きました。

イクボスから一言

「事業の発展を通じて社員とその家族の幸せを創出する」を経営理念として掲げています。

経営理念の実現のために、社長自らが「イクボス」の実践者となり、社員とその家族が幸せになる会社を創り、社長自身も、会社、家庭、ソーシャル、

それぞれの人生を充実させ、楽しんでいきます!

社会福祉法人あすなろ会(理事一夫様)
イクボスとして取り組んでいる内容

宣言1

私は、働き方改革に積極的に取り組み、社員が子育てや介護をしながら、また生活を充実させながら、いきいきと活躍できる職場を実現します。

 ⇒あすなろ会の社員がいきいきと活躍できる職場環境を推進するため、各種の認定取得を行っています。(しまね女性の活躍応援企業、しまねいきいき雇用賞受賞。今後は、しまねこっころカンパニーやくるみん認定、ユースエール認定をはじめ各種の認定取得を目指します。)

宣言2

私は、自らの仕事と生活の充実に取り組みます。

 ⇒自らの仕事を遂行しながら、孫との時間を大切にしています。

宣言3

定時退社を奨励し、自ら率先して帰ります。

 ⇒率先して定時退社しています。

宣言4

自分自身も、家庭・趣味・社会貢献などを楽しみます。

 ⇒孫育児、写真、各種趣味等のプライベートの時間を楽しんでいます。

イクボス宣言のきっかけ

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっていることをきっかけに、人が生きる意味を改めて考えさせられました。その中で、これまでの生活、とりわけ仕事をすることの意義やその仲間の重要性をこれまで以上に感じるようになりました。

「縁」あって職場を通して出会う人たちの人生がより豊かになって欲しいと思う願いが強くなりました。仕事とプライベートの時間を大切にして、今後も続くであろうコロナ禍においてもいきいきと人生を歩んで欲しいと思ったのでイクボス宣言を行いました。

イクボスから一言

あすなろ会は、共に働く仲間がいきいきと働くことで、一人ひとりの社員が今以上に人生を楽しく、そして元気に過ごせる環境を目指しています!

有限会社フクダ塗装(代表取締博様)
イクボスとして取り組んでいる内容

・男性の育休取得100%を目標とする。

・育児・介護に対する会社独自の【ちょい抜け制度】

 (※1日、1時間までなら社長に連絡をすれば育児、介護に自由に使える制度、この1時間は有給)

イクボス宣言のきっかけ

・結婚、出産、育児並びに介護の世代の社員が増え、社内全体での理解と協力体制

の強化が必要になってきた。taisyokuiwai

・昭和生まれの自分には言えなかったことや叶えられなかったことを心に踏まえて

社員と常に話し合い、より良い仕事環境を作りたいと思った。

イクボスから一言

・有給休暇や会社独自の育児・介護制度を積極的に使い、気持ちに余裕を持って男女問わず多様性を広げ家庭と向き合ってほしい。

・家族との信頼が高まることで、仕事への理解が深まり家庭の中からのエールを受けることによりモチベーションを上げて

 良い仕事につなげていきたい。

有限会社松江クロード(代表取締桂子様)
イクボスとして取り組んでいる内容

2021年4月より原則第一日曜日と翌月曜日を店休日にする(今までは平日のみ店休日でした)

イクボス宣言のきっかけ

松江クロード2週末にご来店いただくお客様が多く、スタッフが、週末に休暇取得しにくい状況が続いていた。

スタッフが家庭での時間、趣味の時間の充実が、お客様へのサービス向上、おいしいお菓子作りにつながると感じ、宣言することにしました。

イクボスから一言

月に1回、日曜日の休みを設けることでスタッフのプライベートタイムが充実し、より美味しいお菓子をお作りします!!

モルツウェル株式会社(代表取締積様)
イクボスとして取り組んでいる内容

・育児・介護休業5日まで有給

・育児目的休暇制度

・男性の出産時育児休業

イクボス宣言のきっかけ

モルツウェル株式会社写真2社員の結婚、出産等の節目にあたる社員が増え、子育てや介護などと両立をして働きやすい環境を整える必要性がでてきたこと

イクボスから一言

「全社員、社員家族の物心両面における幸福を追求すると同時に”健やか”で”安らいだ”地域生活に貢献すること」の理念のもと、みんなでより良い職場環境づくり、地域づくりをしていきましょう!

株式会社長岡塗装店(代表取締古志功様)
イクボスとして取り組んでいる内容

・男女を問わず、誰に制約があっても働き続けることが可能な制度・支援の継続

・誰もがイキイキとプライドを持って働ける資格取得や地域活動参加の応援

・社業で良い結果を出すという責任にこだわること

イクボス宣言のきっかけ

長岡塗装店写真20年前、会社の継続にかかわる最大の問題は、社員の定着と資格者の確保だった。

様々な働きにくさを解消するための仕組みづくりは当初子育て支援と呼ばれたが、不公平感がないよう同時に介護支援・資格取得支援制度も作っていたため、数年後から社員は定着、資格者も倍増した。

7年前、ファザーリングジャパン代表理事安藤哲也氏に出会いイクボスの定義に賛同し、イクボス中小企業同盟にも設立当初から加入していた。

島根県での導入を待ちに待っていた。

イクボスから一言

社員一人一人と向き合い、多様な考え方を理解する。

不公平感が生じないように社員それぞれに必要な支援と、正しい知識を持って働き方改革を断行する。

働き甲斐と働きやすさの両方を備え、笑顔でいきいきと働く人の集まる組織は、個人の成長や安心と会社の目的達成のシナジー(相乗)効果を上げることができると確信している。

大事な軸はぶれることなく、さらにトライし続けていくその先にきっと新しいチャンスがくると信じている。

 


お問い合わせ先

女性活躍推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県政策企画局女性活躍推進課
TEL:0852-22-5629
FAX:0852-22-6155
MAIL:josei-katsuyaku@pref.shimane.lg.jp