• 背景色 
  • 文字サイズ 



いにしえ倶楽部連続講座を開催しました

9月9日に今年度第2回となるいにしえ倶楽部連続講座を開催しました。

今回は当センターの吉松が「銀で飾られた大刀と古墳時代後期のしまね」という題でお話しさせていただきました。

講義では装飾付大刀から当時の技術や畿内と出雲の交流、社会の様子などが分かる事を説明し、

象嵌装大刀が装飾付大刀のなかでもミドルクラスのシンボルだった可能性を指摘しました。

講義風景

【画像】講義の様子

聴講される参加者

【画像】聴講される参加者のみなさん

講義の後に初めての試みとしてスマートフォンで撮影した動画をスクリーンに映して遺物の解説を行いました。

スマホ操作中

【画像】「スマホ操作中につき少々お待ちください(汗)」

まだまだ不慣れな部分もありますが、よりわかりやすい内容になるよう工夫をしていきたいと考えています。






お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター

〒690-0131 島根県松江市打出町33番地
【電話】0852-36-8608
【FAX】0852-36-8025
【Eメール】maibun@pref.shimane.lg.jp