• 背景色 
  • 文字サイズ 



松江市東百塚山古墳群で四隅突出型墳丘墓を発見!

新たに確認された四隅突出型墳丘墓

〔写真〕新たに発見された四隅突出型墳丘墓

 

 松江市大草町にある県指定史跡東百塚山古墳群で、新たに四隅突出型墳丘墓が確認されました。四隅突出型墳丘墓は、山陰地方の弥生時代後期に特徴的な墳丘墓で、今回確認された20号墓ではきれいに並べられた貼石も確認されました。また、吉備系の土器も出土しており、岡山県南部地域と交流があったことが考えられます。

 今回の発掘調査は、県教育委員会が古墳群の活用を図るために行った学術調査で、20号墓のほかに古墳時代中期の古墳を4基発掘調査しました。現地説明会は1月24日(土)13:30から開催しますので、是非ご参加ください。

 報道発表資料(外部サイト)






お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター

〒690-0131 島根県松江市打出町33番地
【電話】0852-36-8608
【FAX】0852-36-8025
【Eメール】maibun@pref.shimane.lg.jp