• 背景色 
  • 文字サイズ 

 名前が<ユ>ではじまる植物の解説

ユキザサ(ユリ科)
林下などに生育する多年草です。5〜6月ごろ、白色の花をつけます。葉がササに似ているので、この名がついています。
ユキザサ

ユキノシタ(ユキノシタ科)
やや湿った庭先や石垣の間などに多く見られる植物で、鑑賞用にも植えられています。5〜6月ごろ、独特の形をした白い小さな花をつけます。この植物は、キンギンソウとも呼ばれ、民間薬として利用されてきました。葉は、あぶると腫れ物ややけどにきき、絞り汁は、ひきつけなどにきくと言われています。また、葉は、てんぷらやおひたしにすると、おいしく食べられます。
ユキノシタ

ユキワリイチゲ(キンポウゲ科)
スギ林の中などで3月ごろに、キクのようなみごとな花をつけます。がく片が青紫色をしているので、ルリイチゲとも呼ばれます。
ユキワリイチゲ

ユズリハ(ユズリハ科)
前年の葉と新しい葉が交代することから「譲り葉」との名がつけられ、めでたい木として正月飾りに使われます。葉柄が赤みをおびているのが特徴です。
ユズリハ

  

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp(代表)
      shizen-koen@pref.shimane.lg.jp(自然公園許認可担当)