• 背景色 
  • 文字サイズ 

 名前が<チ>ではじまる植物の解説

チガヤ(イネ科)
日当たりのよいところで育つ草本です。よく株だちし、根でも種子でもたくましく増えます。種子は白毛をつけ、秋になると飛散します。
チガヤ

チシャノキ
低地に生育する落葉の高木です。別名「柿の木だまし」と呼ばれるほど柿の葉に似ています。
チシャノキ

チドリノキ(カエデ科)
谷筋の湿潤な場所によく見られる日本特産の樹木です。カエデの仲間ですが、葉の形からはそうは見えないでしょう。しかし、実を見れば納得するはずです。葉が対生についているところが、この木の大きな特徴です。チドリノキとは、翼のある果実を千鳥に見たててつけられました。また、たき木にするカエデという意味から、ヤマシバカエデとも呼ばれています。
チドリノキ

チャルメルソウ(ユキノシタ科)
花は小さく、紫がかった黒っぽい色をしているので目立ちません。実の形が屋台のラーメン屋が鳴らすチャルメラに似ているところから、この名前がつけられたようです。
チャルメルソウ

チュウゴクザサ(イネ科)
とても大きな葉をしたササです。ちまきを作ったり、おむすびを包んだりするのに便利です。

チョウジソウ(キョウチクトウ科)
茎は直立して60cmくらいの高さになる多年草です。沼の岸に群生して、5〜6月ごろ茎の頂に青紫色の清楚な小花を集散状につけます。
チョウジソウ

  

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp