• 背景色 
  • 文字サイズ 

 名前が<ノ>ではじまる植物の解説

ノイバラ(バラ科)
山野や川岸などに生え、初夏になると枝先に多くの白い花をつけます。花には芳香があり、香水の原料になります。秋には、がくの先を残した赤い実をつけます。
ノイバラ

ノキシノブ(ウラボシ科)
木の幹や岩などに生えるシダの仲間。葉は細長く、一見したところあまりシダ類とは思えない形をしています。
ノキシノブ

ノグルミ(クルミ科)
比較的乾燥した場所に多く見られる高木です。秋から冬にかけて褐色の球果をつけるので、葉が落ちても見分けられます。この木は、一般に言われるクルミの実はつけません。材は、シイタケのほだ木として使われます。
ノグルミ

ノブキ(キク科)
谷筋の湿った場所によく生える植物で、フキと同様に食べることができます。しかし、味はあまりよくないようです。
ノブキ 
  

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp