• 背景色 
  • 文字サイズ 

 名前が<ケ>ではじまる植物の解説

ケヤキ(ニレ科)
街路樹や盆栽などに多く用いられており、用材としても有名な樹木です。谷間の肥沃な土地に多く見られます。葉を手に取るとザラザラしており、葉の縁には規則正しいきょ歯が並んでいます。この樹木は、大きくなると扇を半ば開いたような独特の樹形になるので、遠くからでも見つけることができます。秋になると美しく色づきますが、木によって黄葉したり紅葉します。材は美しくて狂いがなく湿気にも強いので、建築、彫刻、船舶などの材料として幅広く利用されています。
ケヤキ

ゲンゲ(マメ科)
一般にレンゲソウと呼んでいる一年草です。原産は中国で、明治以前から帰化しているようです。ゲンゲは、肥料にしたり、牧草として多く植えられている植物ですが、今では山奥にまで入り込んでいます。

ゲンノショウコ(フウロソウ科)
山野、道ばたで普通に見られる多年草で、7〜8月ごろ、紅、白、うす桃色などの小さな花を咲かせます。花の終わった後、長いさやができ、熟すと縦に5つに裂けて種子を散らします。その様子が、みこしの屋根に似ていることからミコシグサの名前もあります。ゲンノショウコを陰干しして煎じたものは、下痢止めの生薬として使われます。
ゲンノショウコ

  

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp