• 背景色 
  • 文字サイズ 

 名前が<フ>ではじまる植物の解説

フジ(マメ科)
一般的にフジと呼ばれているものには、右巻きのフジと左巻きのヤマフジがあります。フジは、葉が薄くて毛が少なく、花期は5〜7月で花は小さいという特徴があります。反対にヤマフジは、厚くて毛の多い葉を持ち、大きな花を4〜7月に咲かせます。
フタリシズカ(センリョウ科)
この名前は、源義経の愛妾だった静御前にちなんだもの。ヒトリシズカの姉妹のような植物ですが、こちらのほうが草たけはやや高く、葉に光沢がありません。葉は2枚ずつ、多少異なるところから出ています。また、花も茎の先端から2〜3個出します。
フタリシズカ
ブナ(ブナ科)
日本の温帯の代表的な広葉樹で、北海道南部から九州の山岳地帯まで広く分布しています。幹はよく分岐し、高さは30mにもなります。花は、5月ごろ枝先にたくさんつけますが、高木のためにあまり目にすることはありせん。秋には、1.5cmぐらいの3稜のある実をつけますが、炒って食べると大変おいしいものです。ブナ材は、広く家具、器具、パルプなどに使われています。
ブナの写真
フユイチゴ(バラ科)
ツル性の樹木です。林の中に生え、花は夏から秋に咲きます。実は赤く、冬に食べられるようになります。
フユイチゴ

  

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp