• 背景色 
  • 文字サイズ 

さえずりの森(旧ふれあいの里奥出雲公園)

ほ乳類を観察しよう

 アニマルサイン

 ふれあいの里奥出雲公園の面積は約180ha、その大部分が自然林や植林地などの林です。
園内には、ノウサギイノシシテンタヌキキツネアナグマネズミ類ムササビ等のほ乳類が生息しています。なかなか姿を見ることはできませんが、遊歩道や川辺に足跡や糞、食べ跡などの「生活の痕跡(アニマルサイン)」を残しています。これらを調べることによって、動物たちの生活や自然の仕組みの一端をかいま見ることができます。

 

糞の写真

糞:糞に含まれているものから、何をどのくらい食べているかがわかります。また、この動物が、周囲の動植物とどのように関係しているかがわかります。


足跡の写真
足跡:柔らかな地面や雪の上で見られます。形と大きさで、動物の種類がわかります。

食べ跡
食べ跡:どんな動物が食べたのか、どのように食べたのかなどがわかります。

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp