• 背景色 
  • 文字サイズ 

鬼の舌震自然観察モデルコース

 

鬼の舌震自然観察モデルコース見出し画像

 

【コースの概要】
コース案内図

コース概要

鬼の舌震は、斐伊川の支流・大馬木川が作り出した渓谷で、全長約2kmに及びます。河岸には切り立った絶壁、谷底には折り重なる巨岩と川の流れが生み出した侵食地形が特異な景観を作り出し、国の名勝・天然記念物に指定されています。
河岸には遊歩道が整備され、約2kmの区間はバリアフリーになっています。不思議な形状をした巨岩の成因を想像しながら、観察コースを歩いてみましょう。

 
葉っぱ鬼の舌震(各区間の観察ポイントの説明)

 

【観察ポイントの概要】
試刀岩

 1の画像

試刀岩

 

谷底の巨石が、するどい刃物で切られたようにふたつに割れています。鬼の舌震の岩には、直線的な節理(岩盤にある亀裂)が入っています。試刀岩は、川底に巨石が転がり落ちた後で、亀裂に沿って割れたものです。

千畳敷

 2の画像

千畳敷

 

岩の表面が広い平坦面になっています。この岩は、谷斜面の上方の岩盤の一部が、直線的な節理に沿って割れ落ちたものです。平坦面は岩盤にもともとあった節理面です。

屏風岩

3の画像

屏風岩

 

水面近くをみると、川岸の岩盤が丸くえぐり取られたような形になっています。岩盤の凹凸によって流れに渦ができ、その中で砂や小石が回るうちに岩盤を削り取ってできたものです。屏風岩にある姫の投扇跡は、もともと流れの中でできたおう穴が、河床の低下によって取り残されたものです。

大天狗岩

4の画像

大天狗岩

 

垂直に近い切り立った岩壁で、高さは80mにもおよびます。このような高い絶壁は、川の浸食作用と、節理に沿った岩盤の崩落が繰り返されて形成されました。この場所に谷が生まれた背景には、断層などによって岩盤に弱い部分があったことが推定できます。

舟岩剣岩

 5の画像

舟岩剣岩

 

角度によって舟や剣のように見える岩です。節理が急角度で交差する部分が崩落してできた岩です。

畳岩の写真

6の画像

畳岩

 

橋が架けられ、上を歩くことができます。節理によってできた見事な平面を観察してみましょう。人工的に作った面のように見えるかも知れませんが、自然に割れた面です。

はんど岩

 7の画像

はんど岩

 

はんど(水瓶)のような形の岩が、大きな岩の上に絶妙のバランスで立っています。誰かが立てたのでしょうか。
はんど岩と下の大岩は元は一体の岩でした。岩の周囲が次第に崩れ落ち、偶然取り残された部分がこのような形になったと考えられます。

鬼の落涙岩

 8の画像

鬼の落涙岩

 

岩の左右におう穴が発達し、人の顔のようにみえます。この岩は全体に削られて丸みを帯びていて、かなり長期間流れの中にあることがわかります。となりの岩には小さな丸いおう穴がみられます。

子天狗岩

 9の画像

子天狗岩高い絶壁で、岩肌に走る節理と、節理に沿って崩落した跡がよくわかります。岩の左側には、向かって左上から右下に平行する節理が目立ち、右側では前者に直交する方向の節理と、崩落跡をみることができます。
雨壷の写真

10の画像

雨壷

 

大小のおう穴がいくつも集まっています。このおう穴には現在は水は流れておらず、雨水がたまっています。かつては、この岩の高さを水が流れていましたが、現在は河床が低くなったためにおう穴が取り残されたものです。
烏帽子岩

11の画像

烏帽子岩


刃物で切り出したような角ばった岩です。節理によって岩盤がブロック状になり、それが崩落して谷底に転がり落ちたものです。

 

葉っぱ鬼の舌震のアクセス・マップ

【アクセス図】

鬼の舌震アクセス図

葉っぱ鬼の舌震に関するページ(リンク集)

 ◆鬼の舌震の地質

 

 ◆鬼の舌震県立自然公園

 

 ◆中国自然歩道鬼の舌震吾妻山コース

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp