• 背景色 
  • 文字サイズ 

 魚類

アマゴ
ヤマメにきわめて近い種ですが、体側に鮮やかな赤色の斑点があるので見分けることができます。島根県の高津川水系にはもとは生息していなかったのですが、明治の終わりごろ移入されたものです。繁殖力が強いので数を増やし、今では以前からいたヤマメやゴギより多くなっています。
アマゴ
アユ
9〜10月ごろ、下流の浅瀬や水底で産卵された卵は、10日ほどでふ化します。稚魚はすぐに海に下り、おもに動物質のエサを食べて成長します。体長5から8cmになると川をさかのぼっていきます。上流までさかのぼったアユは、水底の石に生えるけい藻を食べてさらに成長します。そして、成長したアユは9〜10月ごろ下流の産卵場にもどります。このアユを「落ちアユ」といい、このころさかんにアユ漁が行われます。
アユの写真
オイカワ
体調20cmほどになるコイ科の魚。浅く開けた場所を好む性質があり、下流の平瀬や淵にかけて多く生息しています。石に付着している藻類を中心に、水生昆虫、そのほかの昆虫などいろんな物を食べます。雄は雌より尻びれが著しく大きく、繁殖期には青緑色に輝くのでほかの魚と簡単に区別できます。
オイカワの写真
カワムツ
一見オイカワに似ていますが、ややずんぐりした体形で、体側に黒っぽいすじがあるので見分けることができるでしょう。生息場所は、瀬のかなり掘れたところ、岸よりにヤナギなどの植物が垂れ下がっているような淵を好みます。水中に落下する陸生昆虫、水中を流下する水生昆虫を待ちうけ、それに飛びついて食べます。
カワムツ

ゴギ
清流にのみ生息する淡水魚。背筋に黄白色の斑点があり、頭まで斑点が続いているのがゴギ、首までしかないものはイワナとされています。人の気配に敏感なので、繁殖期以外にはほとんど見ることができません。観察する時には岩影などに身を隠しながら、そっとのぞきましょう。
ゴギの写真

タカハヤ
別名ドロバエとも呼ばれ、カワムツより小型の魚です。コイ科に属し、体はヌルヌルしています。
タカハヤ

ヤマメ
日本特産のサクラマスが先祖にあたるといわれる魚です。その証拠にヤマメの体側にある黒色のだ円形の斑紋がサクラマスの稚魚と全く同じであることがあげられます。ヤマメは氷河に閉じこめられたサクラマスが、稚魚の体形のままで繁殖するようになったものだとされています。氷河時代の関係を物語るように、ヤマメの生息する谷にはサクラマスがのぼってきます。
ヤマメ

  

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp