• 背景色 
  • 文字サイズ 

吉田公園自然観察路

  • 所在地

雲南市吉田町吉田(地図【マップonしまね(外部サイト)】

 

  • 交通案内

公共交通機関の便利はあまり良くなく、車が便利。

1.自動車

国道54号経由、松江から約1時間30分。出雲から約1時間。(観光駐車場有り)

2.公共交通

町内には雲南市民バス有り。(本数等要確認)

 

  • 地域概要

 吉田公園は吉田川沿いにあるツツジ公園として知られています。

 公園内には、著名な彫刻家、高村光雲の弟子である内藤伸による子安観音像(町指定文化財)が安置される観音堂があり、途中には平成5年より安置され続けている18体の石仏があり、訪れた人達により懇ろな供養がされています。また公園内のコースには、およそ5分毎に休息所が設置されているのでゆっくり散策をすることかできます。

 公園コースは、鳥居のある入口から十九良坂と呼はれる階段を進みます。夏至の頃には白く可憐なオオレンの花を見つけることができます。この坂に続く乙女坂を経て5分程で待月亭に着き、ベンチに腰掛け一休み。眺めが良いので眼下に吉田川と町並み、グリーンシャワーの森を眺望できます。ここで左に行けば観音堂です。このまま直進し、松下亭を経て約10分で公園の頂上に着きます。頂上へ向かう階段周辺の植物にはナナカマド、ネコノチチ等の植物名札が取り付けられているので、これを参考にすると自然観察には絶好の場所です。

 頂上には休憩棟「峰の平」があり、南は雑木林、北は眼下に町並みを眺めなから一服するのに最適な場所です。
下り5分でトイレのある広場に出ます。ここには直径1mものモミがあるので観察をしてみたいです。左の道を進めば休憩棟を経て観音堂へ、そのまま進めば最初の待月亭に帰ることができます。

 ここを下るとすぐに聴流閣に着きます。耳を澄ませば吉田川のせせらぎに心静まると同時に聴流閣の命名由来も納得できます。

 ここから十九良坂へ下りますが、途中には石仏が安置されている坂道があり、観音堂へ続きます。全コース約40分です。

 

案内板 公園入口

 

吉田公園自然観察路の案内図

 

(平成9年3月)


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp