• 背景色 
  • 文字サイズ 

断魚渓・千丈渓コース

観音滝

 

コースの概要 江川支流域を通過するこのルートには、急峻な地形とあいまって渓谷が発達し、名勝として名高い断魚渓、千丈渓があり、飛瀑(滝)、深淵がおりなす渓谷景観は文化的遺産として貴重なものであり、またすぐれた風景地として県立自然公園に指定されています。
このルートの散策、探勝は季節ごとにそれぞれ趣があり充分楽しめますが、春の新緑、秋の紅葉はまた格別です。

  

MAP

マップonしまねへのリンク(外部サイト)

 

断魚渓周遊モデルコース

●断魚渓(だんぎょけい)

 江川支流の濁川(にごりがわ)が流紋岩の岩肌をうがってできた渓谷で、延長約4kmにわたって奇岩怪岩が連なりいたるところに飛瀑、深淵がみられる。嫁が淵、連理ヶ滝、通仙橋など景勝24ヵ所といわれ、みどころも多い。渓谷の美しさは早くから知られ、昭和10年には国の名勝に指定され、文化的遺産としても名高い。
断魚渓
写真は千畳敷
 

観音滝・龍頭ヶ滝モデルコース

●観音滝

 落差50m、石英班岩質安山岩の一大絶壁を伝って急流落下するさまは見事で、春の新緑、秋の紅葉には周囲の風景と調和して美しい。

 

●龍頭ヶ滝

 掛橋川の上流に懸かる滝。下の滝は高さ約10mから落下する2条の滝。上の本滝は高さ約60mから右に曲流して落下する、正に龍が天にも昇るように見える滝。

千丈渓モデルコース

●千丈渓(せんじょうけい)

 八戸川(やとがわ)の支流日和川(ひよりがわ)が石英粗面岩の岩肌を浸食しできた典型的なV字渓谷で、延長約4kmにわたって飛瀑、深淵、絶壁をつくりだしている。渓谷中の景勝は24勝といわれ、白藤滝、一の滝、相生滝、千畳敷、魚切などみどころも多いが、とりわけ白藤滝は壮大である。昭和7年に国の名勝に指定されている。

千丈渓イメージ写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のみどころ

●萩原山

 矢上盆地の北側にそびえる急峻な山塊のひとつで、コース中最も展望がすぐれ、眼下の矢上盆地はもとより、遠く江川や三瓶山、日本海も眺望できる。

 

 

●挽谷渓谷

 尾部志山の南側で濁川(にごりがわ)から分岐する挽谷川に発達した未開の渓谷で、途中まで林道が入っている。数多くの飛瀑が続き、特にその清流は印象的である。

挽谷渓谷イメージ写真

 

 

●今田水神大ケヤキ

 樹齢は400年から500年と推定され、根元周囲11.5m、1本の大きい枝を除いた上部主幹周囲でも8.6mもあり、高さはおよそ21.3m、県下にも比類をみない巨樹である。

今田水神大ケヤキイメージ写真

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp