コイヘルペスウイルス(KHV)病関連情報

コイヘルペスウイルス(KHV)病とは

 【原因】:コイヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスを原因とするコイ特有の病気です。

 

 【症状】:行動が緩慢になりますが目立った外部症状は少なく、鰓の退色が見られ、斃死率(へいしりつ)が高い病気です。

 20℃から25℃程度の水温で発生し、13℃以下あるいは28℃以上の水温では、死亡が見られないことが報告されています。

 

 【感染経路】:KHV病に感染したコイとの接触や水を介して感染します。

 日本では、平成15年に最初に発生して以降、全国で発生が確認されました。

 島根県では、平成16年以降、発生が確認されています。

 

 【人への影響】:コイ以外の魚類や水産動物、ヒトに感染することはありません。

 また、仮に感染したコイを食べたり触ったりしても、人体への影響はありません。

県民の皆様へのお願い

 県ではKHV病の発生防止とまん延防止に取り組んでいます。次の取り組みにご協力ください。

 

 1.ちょっと待って!コイの放流

 ●川や池などにコイを放流しないでください。

 ●飼っているコイが死んだ時は、川や池などに捨てたりせず、お住まいの市町村に相談の上、適正に処分してください。

 ●川や池などで釣ったり捕まえたコイを他の川などに放流しないでください。

 

 2.そのコイどこから来たの?

 ●入手経路が不明なコイを、譲ったり、もらったりしないでください。

 ●KHV病が発生している水域からコイを持ち出さないでください。

 

 3.コイが死んでいたら!

 ●県内の川やため池、自宅の池などでコイが大量に死んでいた場合には、移動させずに下記へ連絡してください。

 

 4.捕獲したコイの取扱いについて(リーフレット詳細

コイの取扱いについてのリーフレット表面コイの取扱いについてのリーフレット裏面

 

関係機関問合せ先

問い合わせ先

電話番号

島根県農林水産部沿岸漁業振興課 0852-22-5323
島根県水産技術センター内水面浅海部 0853-63-5101
島根県東部農林水産振興センター(水産部) 0852-32-5703
島根県西部農林水産振興センター(水産部) 0855-29-5634
島根県隠岐支庁農林水産局(水産部) 08512-2-9668

島根県隠岐支庁農林水産局(水産部)

島前出張所

08514-7-9106

 

島根県内水面漁場管理委員会指示

コイヘルペスウイルス病のまん延防止措置及びこいの持出しを禁止する水系の範囲について

 

県内での発生状況(平成28年以降)

邑南町内の養殖場におけるKHV病の発生について(2020.9.24)

静間川水系三瓶川におけるKHV病の発生について(2019.6.26)

奥出雲町内の小学校敷地内の池におけるKHV病の発生について(2017.09.25)

津和野町殿町掘割におけるKHV病の発生について(2016.09.20)

 

 

 

県内コイヘルペスウイルス(KHV)病発生マップ

コイヘルペスウイルスに関するQ&A(農林水産省のHP)

http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/koi/qa.html(外部サイト)

島根県農林水産部沿岸漁業振興課(沿岸漁業振興グループ)
電話:0852-22-5323FAX:0852-22-6048E-mail:engan_gyogyo@pref.shimane.lg.jp

お問い合わせ先

沿岸漁業振興課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県農林水産部沿岸漁業振興課
電話:0852-22-5314
E-mail:engan_gyogyo@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る