• 背景色 
  • 文字サイズ 

これからの農業集落排水事業

 

イラストさかな

 

島根県の農業集落排水事業は、平成19年度末時点で138地区が供用され(部分供用は含まない)、整備普及人口は約10万人となりましたが、未普及人口はいまだ3万人にのぼり、まだまだ施設整備を推進していく必要があります。しかし、今後の整備予定地区は中山間地等の小規模な集落が残っており、また市町の財政状況は依然として厳しく農業集落排水施設の整備にあたっては更なる効率化・低コスト化が必要です。このため、新技術の導入やコスト縮減対策の促進について検討を行い、効率的に新規整備を推進していくことが肝要です。

農業集落排水施設は、日常生活に不可欠な施設で公共水域等の水質保全にも重要な施設であることから、適切に維持管理・更新を行い常に施設の状態を良好に保つ必要があります。このため、施設の効率的利用と長寿命化を図りライフサイクルコストを低減するストックマネジメント手法を検討し、適正な管理につなげていくことが肝要です。

農業集落排水汚泥については、近年リサイクル率も伸びている状況ではありますが、環境への負荷の少ない循環型社会を構築するためには、引き続き、循環利用を推進していく必要があります。また、汚泥の堆肥化は、利用されることが大前提であり、品質や利用者の確保が必要です。このため、関係者等との連携を図るなど計画的に推進していくことが肝要です。

 ※新しい汚泥の処理技術

東出雲町では、菌体肥料による循環型農業の確立を目指すべく、島根大学等と連携した研究会を発足し、農業集落排水汚泥を農業肥料として再生する技術の普及に取り組んでいる。

○東出雲町意東地区農業集落排水処理施設

 意東農集処理施設意東資源循環施設(内部)意東コンポスト試料

 資源循環施設(内部)コンポスト試料

 (ペレット)

----------------------

  1. コスト縮減による効率的な事業推進
  2. 施設の適切な維持管理更新
  3. 農集汚泥のリサイクル

お問い合わせ先

農林水産部農村整備課・農村基盤グループ

(電話)0852-22-5144(FAX)0852-31-6274


お問い合わせ先

農村整備課

島根県農林水産部 農村整備課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話 0852-22-5151
FAX 0852-31-6274
nouson@pref.shimane.lg.jp