• 背景色 
  • 文字サイズ 

自然・地理

地勢・立地

 西部農林水産振興センターは、浜田市、益田市、大田市、江津市、邑智郡(川本町、美郷町、邑南町)、鹿足郡(津和野町、吉賀町)の4市5町を管轄しています。

 9市町の総面積は3579.62平方キロメートルで、県全体の53.4パーセントを占めます。これは鳥取県より広い面積です。(参考:島根県の総面積6707.89平方キロメートル、鳥取県の総面積3507.14平方キロメートル。)

 

西部農林水産振興センター管内の市町の面積(単位:平方キロメートル)
浜田市 益田市 大田市 江津市 川本町 美郷町 邑南町 津和野町 吉賀町
690.68 733.19 435.34 268.24 106.43 282.92 419.29 307.03 336.50

出典:国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」(令和3年1月1日時点)

 

 県土の最西端(津和野町吹野)と最南端(吉賀町柿木村椛谷)が管内にあり、広島県と山口県に接しています。県境にもなっている中国山地から北の日本海に向けては急傾斜しており、また、三瓶山や大江高山、青野山といった火山も点在しているなど地形が複雑で平坦地は極めて少ないです。

 河川では、中国山地を源流とする一級河川の江の川と高津川があります。江の川は延長194キロメートル、流域面積は3900平方キロメートルにおよび、流域の農業用水利用や肥沃な土壌の供給といった恩恵をもたらしてきました。その一方で大雨による増水や度重なる氾濫で農作物や農業用施設機械に被害をもたらしています。また、高津川は平成19年度に国土交通省の水質調査で「清流日本一」に選ばれ、その後も数度にわたって選定される美しい川で、流域の水稲作や畑作に恵みをもたらしています。

交通

気候

 日本海側気候に含まれる県土ですが、冬季の気温は東部と比較して2℃程度高く、比較的温和な気候です。

 また、沿岸の平坦部から急峻な山間部まで高度差は約1000メートルあり、気温は地域によって大きく異なります。標高の高い山間部は、直近10年間で最も多くの真夏日(最高気温30℃以上の日)を記録した2018年でも、30℃以上の時間数は瑞穂295時間、弥栄189時間で、浜田の347時間に対してそれぞれ85パーセント、54パーセントであるように夏季は比較的冷涼です。しかしながら冬季は、平年値の最深積雪は40センチメートル程度と降雪が多くなります。

 年間降水量は1550ミリから2100ミリで、山間部で多くなっています。年間日照時間は、平坦部では1700から1800時間ですが、山間部では1600時間前後と少なくなります。

 

県西部のアメダスポイントの平年値
項目 浜田 益田 大田 川本 津和野 吉賀 瑞穂 弥栄
年降水量(ミリ) 1654.6 1570.5 1772.8 1924.1 1908.3 1940.5 1885.0 2144.6
年平均気温(℃) 15.7 15.9 15.3 13.8 14.3 13.4 12.1 12.4
 日最低気温(℃)

2.8

(2月)

1.9

(1、2月)

1.6

(2月)

-0.6

(1、2月)

-0.6

(1月)

-1.4

(1月)

-3.0

(2月)

-2.4

(2月)

年日照時間(時間) 1761.3 1840.6 1767.3 1619.5 1619.2 1621.8 1612.0 1573.3
降雪の深さ(センチ) 272 227
 最深積雪(センチ) 48 40

(注)降水量、気温は1991年から2020年の30年の平年値(吉賀は2006年から2010年の15年)。

 

西部管内の主なアメダスポイント

アメダスポイント別年平均値をご覧いただけます。

  1. 浜田
  2. 益田
  3. 大田
  4. 川本
  5. 瑞穂
  6. 弥栄
  7. 津和野
  8. 吉賀

交通

鉄路

 沿岸部を東西にJR山陰本線が走り、東は松江方面、西は下関方面につながっています。益田で山陽方面とをつなぐJR山口線に接続しています。

 

 【主要駅間の所要時間】

 JR山陰本線

 益田ー浜田〔約45分(普通))、益田ー松江(約2時間(特急)〕、益田ー東萩〔約1時間10分(普通)〕、

 浜田ー大田市〔約1時間(快速)〕、浜田ー松江〔約1時間30分(特急)〕

 JR山口線

 益田ー津和野〔約40分(普通)〕、益田ー新山口〔約1時間20分(特急)〕

 

陸路

 JR山陰本線と並行して国道9号線が走っています。現在山陰道が整備中で、令和5年度に大田・仁摩間、令和7年度に三隅・遠田間の開通が予定されています。令和6年度には多伎・出雲間が開通する予定で、県東部との往来がより一層便利になります。

 また、山陽方面をつなぐ国道は、186号、187号、191号、261号、375号があります。

 このほか、中国自動車道の六日市インターチェンジ(吉賀町)及び浜田道を経由して大阪方面や九州方面へつながっています。これらの自動車道を経由し、主に広島方面への高速バスが運行されています。

道路網

 【高速バス所要時間】

 広島方面

 益田ー日原・六日市ー広島(約3時間20分)、益田ー美都・戸河内ー広島(約3時間)

 浜田ー浜田道ー広島(約2時間30分)、大田ー川本・田所ー広島(約3時間)

 大阪方面

 津和野・日原・益田・浜田ー神戸三ノ宮・大阪梅田(夜行・約9時間)※新型コロナウイルス感染症のため運行日に注意してください。

 益田・浜田ー大阪(約7時間)、江津・浜田ー大阪(約6時間30分)

 

空路

 益田市には萩・石見空港があります。東京羽田便2往復と季節運航の大阪伊丹便が運航されており、首都圏や関西圏との時間的距離が縮小しています。


お問い合わせ先

西部農林水産振興センター

西部農林水産振興センター
 〒697-0041 浜田市片庭町254 FAX0855-29-5591
川本家畜保健衛生所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9811
益田家畜保健衛生所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9739  
県央事務所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9504
県央事務所大田農業部
 〒694-0064 大田市大田町大田イ1-3 FAX0854-84-9712
益田事務所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9608

電話は「西部農林水産振興センターのご案内」をご覧ください。