小児救急パンフレット「どうする?子どもの急病」

出雲地方は市内に国公立や民間の医療機関が多く、医療の面では比較的恵まれています。しかし、小児の時間外、休日の受診は依然として多く、小児科医にとっては過酷な勤務となっています。引き続き、病院勤務の小児科医の負担を軽減し、かかりつけ医の活用や休日・夜間診療の効率的な運用を行うことが地域の小児医療を守るため必要です。

平成17年度に、出雲地域小児救急医療検討会議(事務局:出雲保健所)では、「上手なお医者さんのかかり方」や、お子様の急な病気のときの対処方法を「しばらく様子をみても大丈夫な場合」、「すぐに受診した方が良い場合」などに分けて解説したパンフレットを作成しました。その後、本パンフレットの内容を一部改定した全県統一版のパンフレットが作成されました。

このパンフレットの内容は以下のとおりとなっていますので、ぜひとも参考にしてください。

 

パンフレットの内容

どうするこどもの急病表紙イラスト

 

島根県ホームページ「子どもの急病ハンドブック」(島根県健康推進課のページへリンク)

 

*このパンフレットは市への出生届時などに配布されています。

 

出雲休日・夜間診療所について

出雲休日・夜間診療所のご案内(PDF:577KB):出雲市休日・夜間診療所の地図と診療時間の案内です。

お問い合わせ先

出雲保健所

〒693-0021 島根県出雲市塩冶町223-1
       
             島根県出雲保健所

   TEL :0853-21-1190
   FAX :0853-21-7428
   E-mail:izumo-hc@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る