• 背景色 
  • 文字サイズ 



2月7日のトピックス(「美肌県しまね」ランチがスタートほか)

県庁食堂で「美肌県しまね」ランチがスタート

【県庁地下食堂】

試食する知事

〔写真〕試食する知事

美肌県しまねランチ

〔写真〕雪花菜(せっかさい)フライランチ

 

 県庁地下食堂でこの日「美肌県しまね」ランチの提供が始まりました。

 島根県は大手化粧品メーカーが実施する「ニッポン美肌県グランプリ」で7回中5回、1位獲得。「美肌県」として、温泉や食を生かした観光PRを行っています。「美肌県しまね」ランチは、美肌をめざす人に食べてほしい県産食材をふんだんに使った定食で、この日は衣におからを使った「雪花菜(せっかさい)フライランチ」が提供されました。

 試食した知事は「おいしいです。このような美肌に関するメニューを県内各地の飲食店でも提供していただくことで、美肌県の取り組みが広がってほしい」と述べました。

 この「美肌県しまね」ランチは、毎月第1金曜日に提供される予定です。

 

しまねいきいき雇用賞表彰式

【知事室】

いきいき雇用賞受賞者のみなさんと

〔写真〕受賞者の皆さんと

 

 雇用に関して優れた取り組みを推進する企業等を表彰する「しまねいきいき雇用賞」。6回目となる本年度は12社を表彰しました。

 一社一社から取り組み内容を伺った知事は「社員が家庭と仕事を両立できるよう取り組みを工夫されていますね。働きやすい環境づくりに引き続きご尽力願います」と述べました。

 

【表彰企業】(50音順)

 ■従業員20人未満の企業等の部門

 ・株式会社トレンド(松江市)

 ■従業員20人以上の企業等の部門

 ・イマックス株式会社(出雲市)

 ・大畑建設株式会社(益田市)

 ・株式会社コダマサイエンス(松江市)

 ・株式会社後藤建設(飯南町)

 ・サンベ電気株式会社(松江市)

 ・サンライフほのぼの有限会社(江津市)

 ・株式会社ニッポ島根工場(奥出雲町)

 ・株式会社豊洋(松江市)

 ・有限会社本田商店(雲南市)

 ・まるなか建設株式会社(松江市)

 ・モルツウェル株式会社(松江市)

 

レスリング・渡利璃穏さんに県功労者表彰を授与

【知事室】

授与のようす

〔写真〕表彰のようす

みなさんと

〔写真〕みなさんと

 

 松江市出身の元レスリング選手・渡利璃穏さんに、これまでの功績を讃えて「島根県功労者表彰」を贈りました。

 渡利さんは小学1年生のときにレスリングを始め、2014年のアジア大会(仁川)での優勝、2016年のオリンピック(リオデジャネイロ)への出場など輝かしい成績を残して昨年12月に引退されました。

 「一番つらかったのは、至学館高校(愛知県)に入学して厳しい練習についていけなかったとき。一番嬉しかったのは、リオデジャネイロ五輪出場を決めたときです」と競技人生をふり返る渡利さんに、知事は「渡利さんの活躍に勇気づけられた人も多いと思います。本当にお疲れ様でした」と述べました。

 

「竹島・北方領土問題を考える」中学生作文コンクール表彰式

【知事室】

みなさんと

〔写真〕受賞者のみなさんと

 

 「竹島・北方領土問題を考える」中学生作文コンクールの表彰式を行いました。

 10回目となる今回は、県内24中学校から785点の応募があり、8人と1校が入賞。県知事賞を受賞した出雲市立斐川東中学校3年生の加地彩乃さんは「学び続けるその先へ」と題し、根室での現地視察を通して、領土問題の歴史的事実を知るだけでなく、相手の領土問題への考えを知ることが解決への糸口だと気づいたという経験を作文に綴りました。

 みなさんから話を聞いた知事は「領土問題は県としても粘り強く立ち向かっていかないといけない課題です。若い世代が領土問題を自分の問題として捉え、積極的に行動しようと思ってくださるのはありがたいですね」と述べました。






お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp