• 背景色 
  • 文字サイズ 



2月12日のトピックス(アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社と立地に関する覚書を締結

【県庁301会議室】

上田怜史代表取締役社長CEO(中央)

〔写真〕上田怜史代表取締役社長CEO(中央)

 

 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社、島根県、大田市の三者で事業所等の立地に関する覚書を締結しました。

 同社は平成19年に設立され、インターネットを利用した広告配信の主要メディアがブログからソーシャルメディアに変化する中で、常に新しいサービスを提供し、着実に業績を拡大されてきました。

 特に平成25年から開始された※アンバサダープログラムは、個人による情報発信が一般的になったネット環境において、口コミによる全く新しい広告形態として広く受け入れられ、70社を超える企業で導入されています。

 今回の計画は、このアンバサダーへのメールマガジンの配信や、アンバサダー向けに開催するイベントやモニター企画への参加者情報の管理等、アンバサダープログラムのユーザーサポート等を行う事業所を大田市に設置するものです。

 知事は「地域経済の活性化と定住促進の面からも大いに期待しています。地元大田市とともに、できる限りの支援、協力を行います」と述べ、上田怜史代表取締役社長CEOは「地域の中で自分たちがどのように貢献できるかを考えながら活動していきたい」と話されました。

 

※アンバサダー‥‥企業やブランドについて「自発的にクチコミ、推奨する熱量の高いファン」のこと。同社は、彼らを含む「情報発信する人」と企業・団体とをつなぎ、両者間のコミュニケーションを活性化するためのサービスやテクノロジーを提供し、企業・団体の支援を行っている。






お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp