• 背景色 
  • 文字サイズ 

竹島問題への意見(令和2年度「知事への提案箱」分)

【意見・要望1】竹島の日式典の感染症対策について

【提案】2月17日受付

竹島の日の記念式典で東京から出席する人などへの対策はきちんとできていますか。

感染が収まりつつある中で感染拡大の端緒となったり、変異株の第1号になるようでは困ります。

 


【回答】4月9日回答

「竹島の日」式典の感染症対策についてお答えします。

今年の式典は、参加者を例年の半分程度の人数に制限をして開催しました。

会場内では、施設管理者と連携を図りながら業種別のガイドラインに従い、検温をはじめ、換気や消毒のほか飛沫感染防止対策を徹底しました。

全ての参加者やスタッフには、基本的な感染症対策について、事前に文書でお願いするとともに、移動時の公共交通機関や飲食店など会場外での感染症対策についてもお願いしたところです。加えて、県外からの参加者には、県民の方へお願いしている感染症対策を同じように取り組んでいただくようお願いしました。

なお、式典から2週間経過した後も、参加者の新型コロナウイルス感染は確認されていません。

今後も、感染症対策の措置を講じながら、竹島の領土権確立に向けた啓発等の取り組みを進めてまいりますので、ご理解をお願いします。

(総務部総務課)

 


お問い合わせ先

総務課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
0852-22-5012
0852-22-5911
soumu@pref.shimane.lg.jp