• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県県民いきいき活動奨励賞

趣旨

「県民いきいき活動」とは、営利を目的とせず、不特定多数のものの利益の増進に寄与することを目的として自発的に行われる活動のことをいいます。

「県民いきいき活動奨励賞」は、地域への貢献度が高い「県民いきいき活動」を表彰し、多くの方が「県民いきいき活動」へ参加したり、

「県民いきいき活動」を支援したりすることにつなげることを目的とした表彰制度です。

 

令和3年度「県民いきいき活動奨励賞」を募集します!

募集締切:令和3年10月15日(金)【当日消印有効】

 

募集要項

募集チラシ

募集部門

・NPO・ボランティア部門

 県内に主たる事務所を有するボランティア団体、市民活動団体およびNPO法人等が行う県民いきいき活動。(ただし、個人は対象外です。)

・企業部門

 県内に本支店または営業所等を有する企業が行う県民いきいき活動。

 (従業員等で構成する労働組合や親睦会などが行う活動はNPO・ボランティア部門の対象となります。)

・ユース部門

 県内に所在する高等学校、特別支援学校高等部、高等専門学校、大学、専修・各種学校の生徒・学生やこれに相当する年齢の青少年が構成員の大半である団体が行う県民いきいき活動。(ただし、学校の教育課程として行われる教育活動は対象外。)

 

募集要件

様々な分野において自主的・主体的に取り組む活動であり、次のいずれにも該当するものとします。

 (1)地域の課題にいちはやく着目し、積極的に取り組んでいるもの。

 (2)顕著な結果や効果が認められ、地域社会への貢献度が高いもの。

 (3)NPO・ボランティア部門、企業部門においては概ね5年以上、ユース部門においては概ね3年以上活動が行われ、将来にわたり継続する見込みがあるもの。

 (4)過去に「県民いきいき活動奨励賞」を受賞していないもの。

 (5)暴力団等反社会的勢力と認められる団体でないもの。

 

応募方法

(1)自薦、他薦両方可とします。

(2)応募に当たっては、以下の書類を提出してください。

 ア)島根県県民いきいき活動奨励賞推薦書(様式1)

 イ)活動経歴のわかる資料(定期刊行物、写真、新聞記事のコピーなど)

 ※A4サイズで10枚以内にまとめてください。

 ※活動風景を広報冊子等に掲載する場合がありますので、公表可能な写真3~5点をデータ(メール、CD-R等)又はプリント写真でご提出ください。

 なお、掲載に当たっては、事前にご相談します。

 ウ)団体役員名簿(様式2)

 ※同要項4-(5)の確認のために、警察に問い合わせる場合があります。なお、ご提供いただいた個人情報は、目的の範囲内で利用します。

(3)提出先及び提出方法

 提出先:島根県環境生活部環境生活総務課NPO活動推進室

 〒690-8501島根県松江市殿町1番地(島根県庁東庁舎2階)

 提出方法:持参または郵送

 提出部数:1部

審査・選考

環境生活部内審査及び県民いきいき活動奨励賞審査委員会(設置要綱)の審査を経て選考します。

 

令和2年度県民いきいき活動奨励賞表彰式を行いました!

令和3年2月17日(水)に令和2年度県民いきいき活動奨励賞表彰式を行いました。

 

受賞者受賞者②受賞者③

 

令和2年度の受賞団体の活動紹介はこちらをご覧ください。

 

令和2年度「島根県民いきいき活動奨励賞」の受賞団体の概要

受賞団体紹介

(50音順、敬称略)

NPO・ボランティア部門(8団体)
傾聴の会まつえ一期

・福祉施設訪問や電話での傾聴活動を行っており、高齢者や悩みを抱える人にとって話を聞いてもらう場所があることが日々の糧となっている。

・月1回の傾聴スキルを身につける塾や、年1回の公開講座など市民に向けての傾聴活動の普及にも取り組んでいる。

しまねエコライフサポーターズ出雲支部

・環境問題に対する意識啓発活動として講演会の企画、小学校での読み聞かせを行っている。

・地域のコミュニティセンターや行政機関と連携し、活動を積極的に行っている。

 

しまね縁結びはぴこ会

・独身男女の結婚相談・出会いイベントの創出などの結婚支援を県全域で行っている。

・はぴこ会員同士の情報交換を積極的に行い、広域的なマッチングをすることで、相談者の様々なニーズに応えられる体制が整っている。

周布地営農組合

・優良農産品の生産にあわせ地域をブログ等でPRしたり、農地の有効活用による自然環境保全や、高齢者・独居世帯への見守りなどの支援活動を行っている。

・地域をみんなで守っていくとの考えを基に、多世代にわたる活動に取り組んでいる。

たのしい楽団

・即興音楽(音楽の技術がいらないため自由に表現できストレスがない)を通じて障がいのある子どもの活動の場を提供している。

・月1回から2ヶ月に1回のペースで練習やイベントへの参加、活動成果を観て、聴いて、感じてもらう無料ライブを行っている。

特定非営利活動法人サポートセンターどりーむ

・絵画・陶芸・コンサートなどを活用し、障がいのある方の自立・社会参加を支援している。

・アートを使った取組は地域のみならず、全国規模でのイベントを開催している。

鳶巣慶人会

・高齢者の多い地域で安心して暮らしていけるよう、日常生活のちょっとした困りごと支援を行っており、地域にとってなくてはならない活動となっている。

・長期休暇期間中には小学生の学習支援を行うほか、幼稚園との田植え交流など、地域と子どもの関わりに積極的に取り組んでいる。

松崎神社大行司保存会

・少子高齢化が進む地域で、140年続く住民参加型の祭り「大行司祭」を保存・継承するために祭りを主催し、住民に積極的に参加を呼びかけている。

・故郷を離れた人たちへ、祭りの様子を情報発信したり、地域の専門学校生等に参加してもらい地域参加型の祭りとして取り組んでいる。

企業部門(3団体)
株式会社中筋組

・経済的理由により進学が難しい学生を支援するために、返済不要の中筋給付特待生制度を創設し、毎年島根県育英会に寄附を行っている。

・41年の長きにわたり社内での献血活動を行うほか、災害時の備蓄食料品をフードバンクに寄附するなど、様々な社会貢献活動に取り組んでいる。

株式会社藤原技研工業

・企業関係者や地域の方々が参加しやすいように工夫をしながら献血活動を行っている。

・環境美化活動として近隣の川の清掃作業や、地域の学校を対象に、企業の特性を生かしたものづくりの研修も実施している。

まるなか建設株式会社

・長年にわたり、交通安全を目指した立哨活動、交通安全標語募集活動を行っている。

・警察、公民館など地域の団体と協働し、福祉活動、環境美化活動、その他様々な地域貢献活動に取り組んでいる。

ユース部門(2団体)
島根県立情報科学高等学校情報ITフェア実行委員会

・月1回の開放講座・市内小学校教員講座・年1回の大規模IT体験型イベント「ITフェア」の運営など、市民がITに触れることができる場を数多く提供している。

・市民がITスキルを身につけ、地域課題にITを積極的に活用し、解決・発展につなげる一助となっている。

島根県立大学出雲キャンパス献血サークルあかえんぴつくん

・安定した骨髄ドナー登録者を確保するために、メンバーの多くがドナー登録説明員の資格を持ち、県内各地での啓発活動を積極的に行っている。

・骨髄移植を受けた元患者とドナー経験者の方とのオンライン交流会を開催するなど、新しい活動も展開している。

これまでの受賞団体

これまでに151団体(平成17年~令和2年)が受賞されています。

 これまでの受賞一覧

 

 

 

関係要綱等


お問い合わせ先

環境生活総務課NPO活動推進室

島根県 環境生活部 環境生活総務課 NPO活動推進室
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 
(事務室は、松江市殿町128番地 東庁舎2階にあります。)
TEL:0852-22-6099、5096
FAX:0852-22-5636
npo@pref.shimane.lg.jp